スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 初めての海外旅行

知人が海外旅行に行くということで、話を聞いてみたところび
っくり。お盆の時期に家族で台湾に3泊4日、その1週間後に
会社の社員旅行でフィリピンのセブ島に3泊4日ですって。う
らやましいたらありゃしない!3年くらい前までは仕事の関係
もあって、1年に1回は海外に行っていた私ですが、本当に最
近はめっきりです。
国際ジャーナルに「楽しい海外旅行のために知ってお
こう!感染症・寄生虫のリスク回避」という記事が載っている
ので、本人には熟読してから出発していただきたいと思います

今まで海外旅行で一番よかったのが、私の場合はタイのパタヤ
です。これが人生で初めて行った海外旅行だったのですが、何
かもかもが新鮮で・・・。海外での買い物も初めてだし、観光
名所を回るのも海外ではやはり独特。初めての海外旅行ですっ
かり舞い上がってしまった私は、海に携帯電話を水没させてし
ますという不運にも見舞われました。いろんな経験をした中で
一番よかったのが、意外にも浜辺に寝そべってゆっくりとビー
ルを飲むことでした。一日中、ビーチのパラソルの下でうっす
らと日焼けしながら、ほろ酔い。どれだけ飲んでも泥酔するこ
とはない、この加減が最高でした。
でも、これって日本でもできることのような気が・・・。海は
確かにきれいだったけど、そんなに印象残ってないですから。



占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナル 取材
スポンサーサイト

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 石原さとみの熱愛報道

最近大人っぽさが増した感じがする、女優の石原さとみさん(23)。なんでも、この魅力は恋をしているからかもしれないという噂です。というのも、7月23日に発売された「フライデー」では、カメラマンの江森康之さん(30)と石原さとみさんが、江森さんの都内のマンションにお泊まりしたのだという記事が載っているからです!このマンション・デートは今年の6月だったそうで、2人で仲良く世田谷の「ドン・キホーテ」で買い物したりする写真などが激写されているのだとか。しかも、石原さとみさんは、江森さんのマンションやら、近所にある江森さん名義のマンションから仕事に言っているということです。放っておいてあげればいいのに、世間は芸能人ってことで気になっちゃうものなんでしょうね~。なんて、記事を読んでいる私も気にしている本人?!2人の出会いは、今年2月に公開された映画の「人間失格」でということです。石原さんは、主人公が結婚する女性を演じていて、江森さんはオフィシャルのスチールカメラマンということで仕事を一緒にすることになったのだそう。ちなみに江森さんは長身のイケ面で、趣味がストレッチということで体もよいそう(笑) しかも、優しく感じのよい青年だそうですよ。そこにやられてしまったのでしょうと、映画関係者がコメントされているみたいですね。

games.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社グループの現代画報の対談取材 詐欺の手口

 「今年は物騒な暗いニュースが多かったなぁ」と感じることが、年々増えるよ
うな気がします。

 次から次から事件が多くて、覚えているのが大変ですが、その中でも、つきあ
った男性が次々と変死を遂げる「結婚詐欺」の女性の事件も衝撃的でした。

 だましたと思われる男性は10人ほど。これも凄いですが、だましたと思われ
る金額が9000万円から1億円以上。本当に、どうやって騙したんだと思いま
す。
 
 すでに2件の詐欺事件で逮捕されているそうですが、彼女の生活、3か月の受
講料が約70万円の専門学校に通ったり、家賃21万円のマンションに住んだり
。これらすべて詐欺で騙したお金から出てるのでしょうか。

 どうやら料理が得意だったようで、有名なお料理レシピ投稿サイトにブログを
開設していたようですね。得意のお料理もだます手口に使ったのでしょうか。

 このお料理レシピサイト、私、時々のぞきます。レシピもたまにプリントアウ
トして冷蔵庫に貼ったりしてるのですが、この女性のものではないみたいでちょ
っとほっとしてます。

 料理で男性の心をつかむのが得意なのだったら、それで地道に幸せを育んで、
温かい家庭のために料理を作ればよかったのになぁ、と思います。
 




報道ニッポン再発見
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう

国際通信社グループの現代画報の対談取材 便利な知識

最近、いろんなお仕事を在宅でしていて、知らないことらけだと身につまされます(>_<)
知ってはいても実際に使ったことがなかったり、もったいないなぁと思います
てか、在宅でできる仕事がこんなにたくさんあることも知りませんでした
今は、何でも仕事にできちゃうからある意味助かります
この数日で学んだこと…
●文字カウントをやってくれるサイトがあること
●スカイプという電話やチャット機能を持つものがあること
●ネット上のサイト作成ソフトにホームページ作成ソフト
聞いたことがあるだけで、使ったことがないものってかなりたくさんあるので、時間ある限りぼちぼちでも勉強してみようと思っているところ(*^o^*)
今の自分に出来ることを後悔しないようにやろうかなと…妙に、考えさせられた数日でした
現代画報や報道ニッポンの中に、医療や福祉関連の記事がちらほら書かれているようで、知らない世界を垣間見るのも良い勉強になるなぁと、新聞やテレビニュースなんかにもたまにはしっかり耳を傾けなきゃならないなぁと思った次第です
日本のことも世界のことも…大事だなと思いますね



国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
報道ニッポンで取材されました

国際通信社グループの現代画報の対談取材 音楽の聞き方

最近は、音楽の聞き方も、IT技術の進歩によって、ずいぶん変わってきたので
はないかと感じています。ちょっと前まではCDショップで購入したCDを聞く
のが普通でしたが、最近は、インターネットからダウンロードした音楽を、
IPODや携帯電話などで聞くのが普通になってきました。これによってCDの
売上げにも変化が生じているみたいです。この前のニュースでは、2009年に
100万枚以上売れたミリオンセラーの音楽CDは3作品にとどまり過去最低水
準となった、と言っていました。3作品の内、、2作品はベスト盤だったそうで
す。ですから、実質的にはミリオンセラーが1作品しかなかったことになりま
す。2008年は7作品あったので、大幅に減ったことになります。これは、単
にCDの不作年だった可能性もありますが、CDアルバム全体を購入することが
少なくなった環境も影響しているのではないでしょうか。なぜならば、インター
ネットからダウンロードする場合は、一曲単位で購入できますから、自分の欲し
い曲だけに絞って購入可能です。なので、CDをまるまる一枚買わなくても、金
額的に安く上がることにもなります。これからの時代、アーティストにとって
も、一曲の勝負となる時代なのかもしれません。







報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載
現代画報 料金と価値 現代画報社

国際通信社グループの現代画報の対談取材 ゆうパックの遅配騒動は何だったのか?



このところ、日本郵便における郵便物の遅配問題がク ローズアップされていま
すね。これは今後どのようになっていくのでしょうか。早急な改善を望みたいと
ころです。ことの発端はなんだったので しょうか。国際ジャーナルでも、この
問題については分析を行ってもらいたいところですね。日本郵便ですが、日本通
運との共同出資会社で手がけ ていた「ペリカン便」を吸収しました。しかしな
がら、この合併におけるシステム統合がうまく動かなかったのでしょうか。両社
の荷物を仕分ける 機械の仕様が異なっていたため社員の操作ミスが発生したそ
うです。結果として。予定どおり配達されなかった荷物が約34万個に達すると
いう大 事件になってしまいました。この事件について、各社のニュースを読ん
でみましたが、どうも、システム統合に対する考え方のあまさが根底にあっ た
のではないかという気がします。本来ならば、荷物の物流が少なくなる時期を
狙って統合するべきなのに、一番の繁忙期で統合したところも、計 画に対する
甘さが感じられます。物流の最大手としての責任もあるでしょうから、再発防止
を目指して、これからの改善取組みにチャレンジしても らいたいところですね。




国際ジャーナルで理解できる
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 1学級あたりの人数を引き下げ

中央教育審議会初等中等教育分科会は7月12日に、現在40人が標準の公立
小中学校の1学級あたりの人数の引き下げを求める提言案をまとめたと、テレビ
や新聞などで取り上げられていました。
以前には「教育」に関する記事が、国際通信社から発行されている雑誌にも
紹介されていたように思います。

人数は明記していないということですが、分科会は小中とも35人、小学校低学年
では30人を念頭にしていて文部科学省は8月までに具体化に向けた年次計画を
作るそうです。ただ、実現には大幅な教員増が必要で、恒久財源が確保できるかが
大きな課題となるようです。

1学級人数の標準は1980年度に45人から引き下げられて以来、約30年間40
人が続いてるといいます。
提言案は、学力低下問題や学ぶ内容を増やした新しい学習指導要領の実施、児童が
学校生活に適応できない「小1プロブレム」などに対応するには40人学級では困難
だとしたのです。
私自身、子供を持つ親として意見を言わせていただくならば、少人数制は大賛成なの
です。生徒に目が行き渡る学校生活が私の中での理想です。担任教師が生徒たちを
理解し、学習を進めて頂くことが私としては非常にありがたいと思っています。


国際ジャーナルへの思い
国際ジャーナル オンライン

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 sold

時間があったので、ふらっと某有名ショップのセールを覗いてみた。
平日でも、結構な賑わい。

久々のセール、掘り出しものを探して店内をぐるぐる・・・
かなり時間かけてみたのに、ああ、そうだ、思い出しました。
これまでも何回か覗いたけど、このショップって何かありそうなのに、ないんでした
・・・好みのものが・・

普通ならこれであっさり(ちとしょぼしょぼと)帰るのに、セール、だから欲が出た
んですね~

4階までレディスフロア。
全フロアまわりました。うーん、気に入ると、縫製が悪すぎっ!とか、
うーん、この値段では買いたくないなーとか、かなり面倒臭い消費者となり、なかな
か買えず・・・

時間だけがたっていくと、このまま帰るのも何だか悪いような、しゃくなような気分
に・・・

そんなとき、ありましたよ、一枚のブラウス。
うん、値段もまあまあ、これならいいかなーと、思ったところへ、他の色も出てき
た。
お、なかなかシック。
やっとあったー!と心で叫び(?)早速レジへ。
和やかに店員さんと話をしたりして、あー買えて良かった、なんて。

でもでも、帰ってきてよーく考えたら、値段が違う!
え、色によって、値段違ったのか?
払うときに気付きなよ、自分!

結局、時間かけてとほほな気分を味わった日でした。

rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 牛丼競争での明暗

今の世の中、デフレと言われているように思います。ですが、この不景気の中、
いかに安いものを・・・と考える人たちが多いのが現実なのです。不景気に関
する記事が、以前に国際通信社から発行されている雑誌にも取り上げられていた
ように思います。

「デフレの象徴」とされているのが牛丼だと、ある新聞記事に載っていました。
価格戦略の違いで牛丼大手3社の経営成績は明暗が分かれているといいます。

6月の売上高をみると、上旬に期間限定でいずれも250円に値下げした「すき家」
が18.7パーセント、「松屋」が2.1パーセントと好調だった一方で、価格を
通常の380円に据え置いた「吉野家」は15.1パーセントに沈んだという結果
が出たようです。「すき家」と「松屋」は7月にも期間限定の値下げに踏み切って
いても競争はますます激しさを増しているようです。

吉野家ホールディングスが7月8日に発表した2010年3月~5月期連結決算は、
売上高が前年同期と比べて7.5パーセント減の432億円、値引き後利益が7億円
の赤字だったそうです。前年同期は1億円の黒字でした。

牛丼事情は、ライバルの「すき家」と「松屋」の値下げ攻勢で客を奪われているよう
に感じ取られます。やはり、自身が持っている限られた予算の中で外での食事をする
となると、美味しいものをいかに安く・・・と思っている人が多いでしょう。
今後、吉野家としてはどのような対策を考えられるのでしょうか。


国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
現代画報との出会い

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 乙女の大敵

乙女の大敵、クマ。もう乙女じゃなくてもクマは嫌です。クマはクマでも目のクマのことです。化粧じゃ隠し切れないんだなあ。なぜなら、クマの原因は疲れや睡眠不足、そして血行不良にあるからです。目の周りは、血液の流れが多いのに速度が遅いのでうっ血し易いというわけ。寒い時期はさらに血行が悪くなるので、このいわゆる青クマができ易くもなるのですよ。
こいつを撃退するにはイチに睡眠、ニに睡眠と分かっちゃいるけど、実践は難しい・・というわけで、外側からも助けてあげないと。やっぱりマッサージしないとダメ。でも化粧の上からではマッサージはなかなか出来ないですね~。化粧前のマッサージはそりゃ頑張ってやりますが、時間経過とともにだんだん血行が悪くなってきます。。夕方、「あー疲れた」と鏡を見た瞬間、自分でも引くぐらいのクマがどっかりと目の下に居座ってます。
働く女性は大変だ。こいつを抱えたまま飲み会とかデートがあるんだから。。待ち合わせまで時間があれば、化粧し直すついでにマッサージできますが、ギリまで仕事してたら無理だしねえ。自分が働いてた頃はどうだったかというと、もちろん化粧直しなんかしてなかったです(苦笑)。若いときはいいんだ別に。
アンチエイジングは女性の永遠の課題というか、敵というか。女性である以上、頑張り続けないとダメって風潮があります。オンナは不況だからって化粧をやめたりしませんものね。やはり女性をターゲットに商売してナンボですわ。クマ対策のアイクリームとか、化粧落とし不要のファンデがバカ売れするのはそういうことです。あー オンナってめんどくさい!





現代画報を求めて
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト 現代画報。地元に根ざして事業を展開する企業を紹介。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 日本を変えてほしいという願いが込められているのでは・・・

7月11日は、参院選の選挙投票日です。
公示されてから、投票日前日までは立候補者が選挙活動をされるかと思います。
みなさんの地域でも選挙カーが走ったり、立候補者が演説をするなどの活動が
行われているのではないでしょうか。
今回の選挙は、政権交代後の大きな選挙だとテレビや新聞でも言われています。
この政権交代については、以前に雑誌「現代画報」でも紹介されていたように
思います。

投票日当日に仕事や旅行などの事情で投票できない有権者が、公示された翌日
から投票日前日までの間に市区町村の「期日前投票所」で投票する制度が「期日
前投票」です。2003年の公職選挙法改正で導入されたもので、全国規模の
国政選では今回が5回目だそうです。

総務省は7月5日、今回の参院選の投票1週間前の期日前投票者数を発表しました。
公示翌日の6月25日から7月4日までの10日間で、前回2007年参院選の
同時期と比べて7万7453人増えたそうです。
多くの人が関心を持ち、多くの人が「日本を変えてほしい」と願っているのでは
ないかと私は思っています。
今回の選ばれた人は、責任を持って国民の声に応える仕事をしていただきたいと
思います。


国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト 企業家・経営者・士業者をつなぐ日本最大級の経営者の為のWebサイト!!異業種ネット!

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 納入業者に商品陳列強要。

ホームセンター大手のロイヤルホームセンターが商品を店に並べる作業に納入業者の従業員を派遣させるなどをしたことによって、公正取引委員会は同会社に独占禁止法違反で排除措置命令を出す方針のようだ。
よくホームセンターなどで、業者の方が一生懸命商品を並べている姿を目撃するのだが、それらももしかしたら問題なのだろうかと考えてしまった。納入業者からしたら、ホームセンターなどは大口のお客様であるし、何かをして切られたら大事である。特に小さい会社であったらなおさらである。業者が自らやらせてもらっているということもあるのだろう。
しかしこのケースはひどい。新規出店や改装の際に納入業者に無償で商品を並べさせたり、閉店前の売れ残り商品を業者に一方的に引き取らせたなどの疑いがあるそうだ。大手大和ハウスの子会社ということで幅を利かせていたのだろうか。不況であるがゆえか、あちこちで様々な辛い話を聞く。みんな心に余裕がないというか、まるで弱い者いじめのようなことが日常茶飯事であったり、不正なことが仕方ないと横行したり。バブルの頃のような変な豊かさはいらない。しかし、貧しくても心のゆとりだけは忘れてはいけない。
それは理想論であろうか。決して私も豊かではないし、つらいことばかりであるが、人への礼儀や優しさを忘れてはいけないと思う。

nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 現代画報は人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 二輪車の価格を引き下げ

ホンダは7月3日に、国内で販売する二輪車の約45種すべての価格を
2000年当時の販売価格まで引き下げる方針を明らかにしました。
これは、新聞に載っていた記事を目にしたものです。

価格の引き下げは若者などの「二輪車離れ」に歯止めがかからないため
だそうです。全面改良や一部改良にあわせて、今後3年間で順次値下げを
するということです。値下げ幅は、1~3割程度に達する見通しです。

値下げ幅は、定番モデルの「スーパーカブ50」の最も安いモデルで約
4万円、中型スクーターの売れ筋車種「フォルツァ」の最廉価モデルでは
約12万円となる見込みだといいます。

値下げに向けて、人件費など製造コストが安いアジアで生産した二輪車の
国内への投入モデルを増やすほか、低価格の海外部品の使用比率を高める
ということです。さらに、新車の開発にかける時間を現在の約2年から
1~1年半程度に短縮することで開発費を削減するということです。

「値下げ」ということを聞くと喜ぶ人が多いと思うのですが、値下げをする
ことでメーカーなどは、人員削減や材料費の削減など非常に厳しい状況に
なるということだと思います。厳しい状況は、続くのですね。


ペットジャーナル
国際ジャーナルで評論 現代画報社の発行する現代画報では、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 ワールドカップ、日本は感動を与えました

日本の暑い夏は参院選の話題、そしてワールドカップも大変日本中を
盛り上げているのではないでしょうか。テレビで試合中継を見て「寝
不足」という人の声をテレビを通じて街頭インタビューで耳にします。

決勝トーナメント1回戦の「日本対パラグアイ」の試合は、PK戦で
惜しくも日本が敗れてしまいました。選手たちが見せた涙や汗、これは
多くの人が「よく頑張った」と思っているのではないかと思います。
試合が始まるまでは、大きな期待があったでしょう。なにしろ「初の8
強進出」だったのですから・・・。「必ず日本が勝つ」と思われていた人
もかなりいたと思います。

試合終了後の岡田武史監督は「この後のことを今考えられる状態ではない
が、おそらくもうやることはないと思う」と記者会見で話していました。
新聞やテレビなどでは「引退か」などと言われていますが、とにかく今は
「本当に感動をありがとう」というメッセージを伝えたいと私は思ってい
ます。
こんなにも勇気付けられ、こんなにも感動させられ、誰が悪い評判を口に
するでしょうか。日本というチームは、本当に素晴らしい強いチームだっ
たと思います。


現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑 国際ジャーナルは、明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

国際通信社グループの現代画報の対談取材 暑い夏に続く政局のポイント



これからの日本では財政再建が大きなテーマとなって いると感じます。特に民
主党はかねてから最低保障年金の財源に消費税を充てると主張していました。そ
れが今回の菅内閣における消費税増額の動 きにつながっているのかもしれませ
ん。これからの政局は本当に注目です。国際ジャーナルでも、これからの日本に
おける政局を重要視していると 思います。ぜひとも詳細な分析をしてもらいた
いところです。今の日本として国の財政が危機にあることや、他の社会保障分野
に必要な費用も考え なくてはなりません。財政における優先順位が必要だと思
います。そのような点から考えてみると、年金だけに巨額の税収を投入するのは
難しいの かもしれません。年金問題も、日本にとってはとても大きな問題です
が、本当に難しいところです。そのほかにも地域医療の立て直しや介護の現場
で働く人たちの処遇の改善、保育所の整備などが、民主党としては達成するべき
政策ではないかと思います。財源の裏付けないばら撒き政策では困 りますが、
日本の将来を見据えた、しっかりとした政策構築が、これからは求められていく
と思います。本当に暑い日が続きますが、政局にとって も暑い状況がこれから
も続いていくと思います。




国際ジャーナルとの出会い
opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社 国際ジャーナル|人と企業をつなぐ国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)

報道通信社の報道ニッポンの特集 日本の政局では、まだ政党の分裂はありえる?



野党の自民党が消費税のアップを主張していますが、 日本での消費税に対する
議論はどのようになっていくのでしょうか。消費税率上げに反対を表明している
政党は多数あります。ですから、税制論議 を深めるためには、現実的な「対
案」を示す必要があるのかもしれません。今回の参院選の勝敗によって、民主、
国民新両党の連立政権の枠組みが 変わる可能性があります。その結果はどのよ
うになっていくのでしょうか。新たな政治の動きが予感されます。国際ジャーナ
ルでも、日本の政治に おける動向をいままで以上に報道してもらいたいところ
ですね。最近、民主、自民の2大政党の間で「第3極」の動きも活発化していま
す。政権の 再編もまだまだ続きそうな気もしています。民主党は右と左で主張
が異なる政治家の寄り合いという感もありますから、自民党の分裂も含めて、ま
だまだ安定した政権は望めないのかもしれません。今回の参議院選挙では、民主
党は、衆院に加えて参院でも、非改選を含めて過半数を制し、単独 政権を手中
にできるのでしょうか。なかなか難しいところもあるかもしれませんが、この選
挙の動向については注意深くみまもっていきたいと感じ ます。日々のニュース
も見逃すことができませんね。




経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
tiara.happy.nu 報道ニッポンは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。

報道通信社の報道ニッポンの特集 消費税をめぐる国民的な議論を望む



毎日暑い日が続きますが、この夏に行われる国政選挙 も、日本の将来にとって
非常に重要な意味を持つのではないかと感じています。国際ジャーナルでも、こ
の選挙に対する結果分析を、より多角的に 進めてもらいたいところですね。選
挙は各政党にとっても政策を論じる格好の機会ではないかと思います。各政党
は、税制改革や成長戦略、外交な どの論点を有権者に分かりやすく示してもら
いたいところです。例えば消費税についてですが、消費税アップの理由について
の明確な説明を求めた いところです。単なる感情論ではなくて、日本の将来を
見据えた議論が望まれるところではないでしょうか。消費税率10%への引き上
げについて は、自民党も公約にしています。民主、自民の2大政党が、国民に
負担増を求める政策で足並みをそろえるのは、ちょっと異例かもしれませんね。
増税は選挙にマイナスとのイメージがいままではあります。消費税アップを公約
したために政権がとんでしまった例もありました。今回は、それだ け国家財政
が危機的状況にあるという象徴的な出来事なのかもしれませんね。選挙において
は、国民の判断が下されますが、この消費税のアップに ついてもどのような審
判が下るのか注目したいところですね。




経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社
finance.awe.jp 企業家・経営者・士業者をつなぐ日本最大級の経営者の為のWebサイト!!異業種ネット!

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談取材 カチンの森

2010年4月10日、ポーランドのレフ・カチンスキ(Lech ynski)大統領夫
妻を乗せた航空機が、ロシア製旅客機ツポレフ(Tupolev)154がロシア西部のス
モレンスク(Smolensk)で墜落するというニュースが流れました。

同機はスモレンスク郊外の空港に向かい、着陸準備に入ったところで、木の頂上
部と接触して墜落。機体はバラバラになったそうです。

ロシア緊急事態省の発表によると、乗員乗客はすべて死亡。大統領夫妻のほか、
陸軍参謀長、外務次官、ポーランド中央銀行総裁をはじめ、ポーランドの公式訪
問団88人を含む96人が乗っていたということ。

同機に乗っていたカチンスキー大統領は、70年前に起きた「カチンの森事件」の
追悼式典に参加するためにこの飛行機に乗っていたのでした。

この事件は、旧ソ連軍によるポーランド兵大量虐殺事件。
現代画報の2010年6月号の記事でも「カチンの森事件」の事が取り上げられ
ていました。

世界中でテロが起きる世の中、一瞬「暗殺?」と思った人もたくさんいるのでは
ないでしょうか?当然、KGB(旧ソ連国家保安委員会)陰謀説ぐらいはささや
かれそうですね。

墜落事故の3日前にも、この「カチンの森」の追悼にロシアの首相が出席したり
と、両国にとっては繊細な問題となっています。

この墜落事故で、影響が大きくならないことを望みたいものですね。




月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルから発展して 現代画報 (地域を育む人と企業、時代と人をつなぐスペシャリスト、職人 地域で活躍する職人たち~、地域医療に貢献する ドクター訪問、美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店、心のふるさと~社寺めぐり~)

報道通信社の対談取材を掲載 クィディッチショップ

ユニバーサル・スタジオ・オーランドがフロリダにオープンしたハリー・ポッタ
ーのテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」(The Wizarding World of
Harry Potter)。

テーマパークで気になるのはなんといってもアトラクションですね。
ハリポタワールドのアトラクションは、「ハリー・ポッターと禁じられた旅(Ha
rry Potter and the Forbidden Journey)」「ヒッポグリフの飛行(Flight of
the Hippogriff)」「ドラゴン・チャレンジ(Dragon Challenge)」から構成さ
れるそうです。

ハリーが魔法使いの修業をするホグワーツ城もバッチリ建っており、作品に登場
するホグズミード村も再現されているそうですよ。

全作品を通じて、魔法界の花形スポーツ、クィディッチが登場しますが、主人公
ハリーはこのスポーツの中心選手。このクィディッチ用品が実際に変えるショッ
プもあるそうで、本当にワクワクしますね。ぜひ行きたい!と思ってしまいます


現代画報」の2010年5月号の記事に「魅力的なテーマパークのあり方とは?」
とありましたが、こちらは間違いなく近年では最高に楽しそうなテーマパークの
登場!と思ってしまいました。




現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナルの詐欺に関する記事 国際ジャーナル|人と企業をつなぐ国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。