スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊・国際ジャーナル・現代画報 グーグルの無料サービスについて

グーグルは、インターネットの検索サイトだけではなく、様々なサービスを提供
しています。そのグーグルのサービス提供は、一体どんな目的で行われているの
か、これは興味深いところです。国際ジャーナルなどの雑誌でも、グーグルの戦
略について分析してもらいたいところです。グーグルは、ほぼすべてのサービス
を無料で提供しています。これは一般のネットユーザーからは大歓迎の声がでて
います。しかしながら問題もないわけではありません。グーグルのサービスは、
そのサービスによって、利用者のプライバシー情報を蓄積しています。代表的な
サービスはメールサービスです。ですから、そのサービスに対して、全面的に信
用していないユーザーが存在するのも事実です。グーグルのセキュリティー管理
体制についても、先日中国におけるハッキングがありましたので、別の意味でも
話題になっています。また、マイクロソフトなど、他のIT企業との市場におけ
る競争もグーグルにとっては興味深いものがあります。これからのグーグル
が近い将来、何を目指していくのか、パソコンをあまり使っていない人でも、こ
の話題に対しては、興味を持ってみていくと、これからの情報化社会の行く先が
見えてくるかもしれません。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
報道通信社
スポンサーサイト

国際ジャーナル・月刊誌 深夜考

疲れたー
とにかく疲れたー、とふと思いました。
毎日忙しくがんばっている(つもり)ですが、
深夜、一人の時などは、色々物思いにふける
時間がありすぎるのかも知れません。

だらしなくても、よれよれしてても、
たまにはほっと一息つける居心地の良い空間を
自分のためにもみんなのためにも
作っていけたら良いのに。

疲れてるのは、体より心なのかも。
がんばり、ってどこかで無理してるのかもしれません。
もっと自然体で生きていけるようになるには、
まだまだ修行が(?)たりないようです。

それにしても、丑三つ時とは、魔の時と
昔からいうようですが、
確かにうごめく暗闇の魔力は
思考にも影響を与えてしまうみたいです。
ここは、眠るのが一番健全なのかも。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・月刊誌 犯罪の低年齢化

刑法犯として摘発・歩道された少年のうち、中学生が占める割合がここ10年で
増加しているそうです。この割合は高校生を抜いて6年連続で最多となったこと
が埼玉県警少年課のまとめて分ったのだそうです。
犯罪の低年齢化が進んでいるようです。警察では「インターネットの発達で
違法情報に触れる機会が増えるなど、少年たちの規範意識が低下しているのでは
ないか」と懸念しています。
非常に残念な話だと思います。好奇心などが強いのかもしれませんが、犯罪を
犯すということは人を傷つける。そして自分も傷つくということが理解できないの
でしょうか。犯罪とは、大変なことなのだ・・・ということを理解してほしいと
思います。難しいことでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報社

月刊・現代画報 動物園で65匹の動物が凍死

メキシコ北部チワワ州の動物園が異常な寒波に見舞われたそうです。
この寒波の影響を受けてしまった残念な記事を目にしました。
動物園内で飼育していたサルやオウム、ワニなど65匹が一晩で
死んでしまったそうなのです。動物園の園長が明らかにしたようです。
極度の寒さで園内の電気系統がダウンしてしまったそうで、暖房が効かなく
なってしまったようです。夜間警備員がガス暖房のスイッチを入れたのですが、
ガス供給管が凍結していたことに気づかなかったということなのです。
おそらくどこの国でも「動物園」というのは多くの人に愛される場所だと
思うのです。そんな場所で気候が原因でたくさんの命が失われてしまったかと
思うと、非常につらいですね。動物園側も非常につらい思いをされているのでは
ないでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

報道通信社・月刊・報道ニッポン ネットスーパーに西友が本格参戦

ネットスーパー事業に本腰参入を、西友が決めましたね。

現在首都圏の47店だけでのサービスを、2年後には全国に350店に広げるそうで
す。



インターネットから商品を注文すれば、最短3時間で商品が自宅に届くのは素晴らし
いですが、

それは住む地域によって違いが出てきてしまうものなので、あまりそれをうたい文句
にしてほしくないなって思います。

それよりも買い物難民を救うための処置を、同系列のコンビニなどと提携しおこなっ
て欲しいですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
国際ジャーナル

月刊・国際ジャーナル・国際通信社 避難勧告解除

宮崎県、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の噴火で、多くの人が避難生活を送っている
ということを、テレビのニュース番組などで知りました。
新聞に載っていた記事なのですが、宮崎県高原町は2月5日に、513世帯1158人
を対象に出していた避難勧告を、一部の地域を除いて解除したそうです。
避難勧告解除は6日ぶりだということです。火山噴火予知連絡会が2月3日に公表した
「危険な火砕流が発生する兆候はない」という見解を受けての措置だということです。
避難勧告が解除されても、不安はまだまだ残っているのではないでしょうか。
「ひょっとしてまた・・・」と思っている人もいると思います。
多くの人の生活に大きな影響を及ぼした自然の災害。「災害」に関しては、以前に雑誌
現代画報」にも載っていたように思いますが、恐ろしい力を持っているものですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊現代画報国際ジャーナル 救急隊の急患受け入れ電話に出なかった

新聞に載っていた記事なのですが、愛媛県四国中央市中之庄町にある医療センターで
昨年の12月の夜間、2次救急当番だったにもかかわらずに、救急隊の急患受け入れを
要請する電話に出なかったことが分かったのだそうです。

急患の70歳代女性は市内の別の病院に運ばれたということなのですが、亡くなったの
です。この医療センターは「警備員が警備員室から、事務員が詰めている事務当直室に
電話の受信を切り替えないまま巡回に出たのが原因」として、警備員室と事務当直室の
両方で電話を受けられるようなシステムに変更したと話しているようです。

「もし、電話に出ていてくれたら・・・」身内の人たちは思っているかもしれません。
人の命を救う場である医療の現場でそのような事が起きていたというのが残念でなり
ません。
国際通信社から発行されている雑誌にも「医療」に関する記事が様々な内容で載って
いたように思います。
急患というのは、いつ出るか分かりません。緊急の場でありながらたったひとつの作業
をしなかったために、時間が経ってしまった・・・。非常につらい話ですね。
「起きてしまったから今後の対策を」ではなく、起きる前から徹底した作業をすべき
なのではないでしょうか。
今回、愛媛県の医療センターの内容が新聞に載っていましたが、ひょっとしたら
全国で同じようなことが起きている可能性もあるのでは・・・と思いました。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

月刊報道通信社報道ニッポン 子どもたちの夢は・・・

NHKの会長が2月3日に定例記者会見で、2月11日に開催予定だった
「第44回NHK福祉大相撲」を中止すると発表したそうです。これは新聞記事に
載っていました。
また、3月13に初日を迎える大相撲春場所の中継を行うかどうかについては
「これから検討する」ということでした。
先日、八百長のメールに関するニュースがテレビや新聞で大きく報道されていました。
今後、大相撲の人気はどうなっていくのでしょうか。八百長が本当にあったのかどうか
私には全く分かりませんが、仮に八百長があったとしたならば、大変残念に思います。
子どもたちの中でも「お相撲さんになりたい」と頑張っている子がいるはずなのです。
そういった子どもたちの夢はどうなるのでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
国際通信社

月刊 国際ジャーナル 学級閉鎖や学年閉鎖

みなさんの地域ではインフルエンザの流行はどのような状況でしょうか。
私の住んでいる地域では、ちらほらと感染した子供たちがいる・・・という
情報が入ってきます。
私の娘が通っている幼稚園でも1月下旬に5人感染して欠席をしていました。
そして、校区内の小学校や中学校では学級閉鎖や学年閉鎖が出ているようです。
以前、雑誌「現代画報」にも「インフルエンザ」に関する記事が載っていました。
あるテレビの情報番組で放送されていたのが、ある病院の医院長のインタビューで
「成人の患者が多い」とのことでした。地域によって異なるかもしれませんが、
子供よりも成人がインフルエンザの感染を疑って病院に足を運ぶケースが増えている
ようです。いずれにしても予防対策をきっちりして感染を防ぎたいものですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報

月刊誌国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 子どもたちの夢を・・・

毎日のように報道されているのが、大相撲の八百長問題だと思います。
この問題は多くの人に影響を及ぼしているようです。
新聞に載っていた記事からですが、土俵でひたむきに汗を流す子どもや学生など
アマチュアの選手たちにも暗い影を落としているようです。
関係者からは「子どもの夢を壊さないで欲しい」や「相撲そのものが八百長と
みなされるのではないか」と心配する声が上がっているのです。
問題が発覚して毎日騒がれていても、子どもたちは真剣に相撲に取り組んでいる
ということなのです。日々、一生懸命練習をして「強くなろう」「がんばろう」と
思っているのではないでしょうか。中には、具体的な力士の名前を出して「自分
の目標とする人」としているかもしれません。
子どもたちは、夢を叶えようとがんばっている・・・ということを大人は理解
すべきですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報

月刊国際ジャーナル 企業倒産件数が増加

新聞に載っていた記事からですが、1月の倒産企業が1年5か月ぶりに前年と同じ月と
比べて増加に転じ、倒産件数は976件で前年と同じ月と比べ2.8パーセントの増加
になったという数字が出たようです。2009年8月から続いていた減少傾向に歯止め
がかかったという内容でした。
このような記事を目にすると、とても気分が暗くなりますね。様々な事情があってのこ
とだと思うのですが、それも「不景気」からの脱出ができていないからでしょうか。
「不景気」に関する記事が、以前に国際通信社から発行されている雑誌にも載っていた
ように思うのですが、つい先日、テレビの情報番組である町工場の社長のインタビュー
が放送されていました。「仕事がない。厳しい状況だ」という話を聞いたところでした。
国民のこの状況、いつになれば良くなっていくのでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊国際ジャーナル 母親に懲役10年を求刑

昨年の3月に奈良県で5歳の子どもが餓死したという事件がありました。
この事件で保護責任者遺棄致死罪に問われている両親のうち、母親に対する論告求刑
が2月9日に奈良地裁であったそうです。検察側は懲役10年を求刑したそうです。
どのような判決が出るのかは分かりませんが、親として考えられないことをしたのです
ね。「餓死」とはありえないことです。我が子がお腹をすかせている中、自分は食べて
過ごしてきたのでしょうか。呆れてしまいます。
自分の命よりも大切な存在の子どもです。自分がお腹を痛めて産んだ子どもなのです。
親として、自分の立場がどうであるのかを考えてみてください。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

月刊国際ジャーナル 子ども手当は借金返してからに。。

消費税を子ども手当の財源に充てるという案が、政府内で浮上しているみたいです。

それよりも消費税で、国の借金を返してしまいませんか?



借金が多すぎて、日本の将来がとても不安です。

このままいくと、日本破綻ではないでしょうか。



借金が多いのに、それになにをしようともせず、子ども手当など多額のお金の必要な
ものを

作りだしてしまって、それはあかしい話ではないでしょうか?



返せずべき借金をきちんと返済し、それから新しいことする。

きっと子どもでも理解できることだと思います。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報
報道ニッポン

現代画報社の月刊誌 話題のKARA、復活!

KARAがやっと復活し、日本に来日しました。



「このたびは皆様に大変ご心配をおかけしました。

これからも5人で頑張っていきます」



今朝、7時半ぐらいに公式ブログで、活動継続の

報告してから来日とは、ちゃんと計画してるなと

思いました(笑)



今後も5人での活動を続けるとのことですけが、

だとしたら、あの騒ぎは何だったの?と思ってしまいますが、

韓国のアイドル事情も複雑みたいですし、よくわかわないので、

KARAのメンバーにとって今後に向けて良い方向に向かう

のであれば、それで良いのかもしれませんよね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌国際ジャーナル 東京モノレール変電所の火災

今朝、8時50分頃、東京モノレール品川変電所で火災があり、

その火災の影響で、東京モノレール羽田空港線全線で停電になり、

上下線3本のモノレールは、浜松町―大井競馬場前間の高架上で

ストップしていたそうです。



客約1280人が、車内に閉じ込めらていましたが、午前10時47分には、

順次運転を再開しましたが、1万1000人に影響が出たとのこと。



今回のトラブルで日本航空や全日空は、乗り遅れた乗客に対し、

振替輸送などをおこなうそうですが、飛行機に乗るためだけに

モノレールを利用していた訳じゃないですよね。



このようなトラブルでは、どこまで保証してくれるのでしょうかね・・・?




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社

報道通信社・現代画報社 評判の靴屋になるかも?

私を含め、足のタコやら魚の目やらに
悩まされ続けている人は多いと思います。
私の場合、きっと長年の立ち仕事がたたって
両足の足裏に8個も魚の目があるのです。
夜ともなれば、それはもう痛くて、
家に帰ると、足を引きずって歩いています。
とほほ。

以前病院に行き、切り取ってもらったのですが、
その処置が、麻酔なしでぐりぐりえぐり取られた為
激痛で靴も履けずに帰ってきたのに、
一週間もしない内に、また魚の目が増幅してきたんです。
これでは自分で処置するのと何も変わりません。
それ以来、病院へは行っていません。

で、色々な靴やら、中敷やらためしましたが、
効果は持続しないんです。

クッションが欲しい!といつも思っていましたが、
この度、某スーパーで独自開発したふわふわ中敷が
発売されるとの事。
EVA(エチレン酢酸ビニール共重合樹脂なる物)と
ウレタンスポンジを重ねてマシュマロのようにふわふわした
中敷、らしいです。

同じような悩みを持つ人達の声で開発したらしいので、
期待大です。
これでお値段も手頃だったら、クチコミで評判になるかも
しれませんね。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報

報道通信社・現代画報社 酸蝕症

「酸蝕症」という症状があるのをご存知でしょうか。
炭酸飲料や果物などが含む酸で歯が溶けて、冷たいものを食べた時にどに歯がしみる知覚過敏が
おこります。さらに、歯のエナメル質が変化して透明度が増したり、エナメル質が溶けてその下の
黄色い象牙質がむき出しになったりし、歯の色が黄ばんでいきます。

一度溶けた歯を元には戻せません。東京のある歯科大学の教授は「歯は毎日の食事で酸にさらされ、
ある程度の酸蝕は仕方ありません。酸性の強い飲食物でも、その取り方を工夫すれば症状の進行を
緩やかにできます」と話しています。

まず、控えたいのが「ながら飲み」だそうです。仕事や運転をしながら、だらだら飲み続けるのは歯
が常に酸にさらされていることになり、歯が溶けやすくなるのだそうです。ジョギングなど運動後の
水分補給も注意したほうがいいようです。口の中が乾いて、口の中を中性に戻す唾液が出にくい状態
では、さらに酸蝕されやすくなるそうです。

酸性の強い飲食物をとったら、すぐにお茶や水で口の中を中和させるのも有効だそうです。赤ワイン
にチーズ、紅茶に牛乳など、再石灰化を促すカルシウムが豊富な乳製品を合わせるのも良いかもしれ
ないという意見もあります。

歯、自分が生きている間は自分の歯で過ごしたいものです。歯の調子が少しでも悪いと食べ物が食べ
づらくなってしまったりして、気分が沈んでしまいませんか。世間から高齢者と呼ばれる人たちでも
自分の歯で過ごして、食べ物は抵抗なく何でも食べれるという人も少なくはありません。

今の世の中は、食べ物が豊富です。美味しいものばかりのような気がします。美味しいと思うものを
食べれるのは幸せなことですが、自分の歯もしっかり守ってあげることが必要かもしれません。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道通信社

報道通信社・現代画報社 肺炎

肺炎で亡くなる人は年間11万人以上なのだそうです。日本人の死因の第4位となっています。
特に高齢者は、免疫力が低下するので肺炎にかかりやすく、重症化しやすいために、予防に力を入
れることが大切だといわれています。
そのために効果的な手段のひとつが、肺炎球菌ワクチンの接種です。
高齢者の肺炎の4割異常は肺炎球菌によるものだそうで、接種すれば肺炎の発症や重症化をかなり防
ぐことができるのだそうです。

1回の接種で、免疫は約5年間続くとされています。保険はきかず、自費で5000円~1万円程度かかる
そうですが、費用の一部を助成する自治体も増えているようです。医師に相談されてみてもいいか
もしれません。

また、日常生活での心がけも肺炎の予防に役立つそうです。年をとると、気管に入った異物を咳で外
に出そうとする反応が衰えてくるために、つばとともに口の中の細菌が気管へ流れ込み、誤嚥性の
肺炎を引き起こす可能性があるのだそうです。普段から歯磨きなどをしっかり行って、口の中を清潔
に保てば、感染のリスクは減るそうです。寝たきりの人は上半身をやや高くすることで、つばの流入
を予防できるそうです。

今の季節、風邪やインフルエンザが引き金になって肺炎を起こすケースが多いそうです。手洗いや
うがいなど感染しない努力をすることも、もちろん大切になります。
雑誌「報道ニッポン」では「健康」をテーマにした記事が紹介されていると思うのですが、どの年齢
であっても、健康な体が一番だと思うのです。信頼する医師に相談するのも必要なことですが、普段
から出来る対策をしっかりとすることも大事なことではないかと思います。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン

報道通信社・現代画報社 ボランティア体験記

世間では、様々な書籍が販売されています。国際通信社から発行されている雑誌もいくつかあると
思うのです。

最近、ある医大に在学する25歳の男性がチャリティーサークルで資金を集めて、カンボジアに小学校
や病院を建てた体験記を刊行したのだそうです。
学生が出版企画を出し合うイベント「第4回出版甲子園」のグランプリ企画だそうです。

この男性は「途上国支援を通じて、普段の自分を見直すことができる」と話しています。


サークル運営の悩みから、病に苦しむ人たちに出会った時の衝撃など、活動の全容を赤裸々につづっ
たものだそうで、「現地に行った時の、生の感覚を忘れたくなかった」そうです。

この体験記の刊行に関する記事は、ある新聞に載っていました。25歳男性の写真も載っていました。
写真を見ると茶髪に派手な服装です。記事にも使われていた言葉なのですが「チャラい」と見られる
ようですが、その外見とは裏腹に思いは真剣です。

今春、大学を卒業して医師になるそうです。途上国では、貧困が原因で糖尿病になるケースが多い
そうです。この男性、将来は糖尿病専門医として途上国医療に尽くすことも視野に入れているようです。
「多くの人を啓発するのが大切だと思い、ボランティア活動をやってきた。糖尿病も啓発が大切
な病気。医師になるのはとても楽しみ」と話していました。

様々な場所でボランティア活動をされている人がいると思うのですが、中途半端な気持ちではできな
いものだと思います。ボランティアで接した人の気持ちが理解できないとなかなか前に進まないもの
なのではないかと思うのです。将来、多くの人から信頼される医師になっていただいたいと思いまし
た。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報について 歯磨きでリフレッシュ。

 花王が実験をした結果、疲労後に歯磨きをすると、脳が明らかに疲労回復し、リフレッシュ感も高まっている傾向が認められたそうです。これは今までも言われてきたことですが、このように確かな実験によって結果が出ると、ますます歯磨きをしようという気になります。
 子供の頃から歯磨きを厳しくしつけられた私としては嬉しいニュースです。受験のときも気晴らしがてら歯磨きをしていました。今でも一日三回は欠かせません。歯磨きができないときはガムを噛むようにしています。接客業ということもあって、身だしなみに気をつけるという意味でも大切なことだと思っています。また、健康の意味でも必要なことです。虫歯の痛みがあるだけでご飯は美味しくなくなるし、踏ん張りもきかなくなります。私自身がしばらく毎日頭痛に悩まされていて、原因がわからずにたまたま歯医者に行ったところ、虫歯が神経を侵していたということがありました。頭痛があるだけ、歯が痛いだけで気になって、集中力も散漫になります。
 ただし、歯医者様にも言われたことがあるのですが、強く磨きすぎると表面のエナメル質がはがれて、余計に虫歯になりやすいそうなので、気をつけながら、毎日歯磨きをし、気分転換にも利用したいと思います。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
現代画報

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報について 健康。

 体温が低いことで、免疫力が低下し、がんや高血圧、精神的な疾患もふえてしまうそうです。理想の体温は36・5度だそうです。私は元々体温が低い方です。大体35度台。特に不調は感じたことがありませんが、病気になりやすいと聞いて、少し怖くなりました。顔のほてりやすい人は低体温のことがおおく、塩分をとらなすぎてもいけないそうです。また水分の取りすぎやストレスでも低体温になりやすいとのこと。朝起きて少しストレッチなどをして、体を温めるのが良いそうなので、実践していきたいと思います。
 若いころは寝ないで遊んでいても何にも問題がなかったのに、どんどん最近は体に不調がでるようになってきました。年だなぁと悲しくなるのですが、仕方のないこと。健康え長生きすためには、これから毎日の生活の見直しが必要になってきます。35歳から、運動も定期的にしないといけないと、ジムに通いだす人も増えました。私はジムには通えませんので、できるだけ寝る前に腹筋やストレッチなどをすることにしています。また食事にも気をつかうようになってきました。洋食よりは和食を好むようになりましたし、脂っこいものなどではなく、煮物などを取る様に心がけるようになりました。
 これからは国には頼れません。自分の身は自分で守るように努力していきたいと思います。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊現代画報 ラスクが話題

今、ラスクがブームです!



ラスクは美味しいですよね~

私、大好きです♪

たまに、パン屋さんに行くと買いたくなりますが。焦げっぽいのが売られているの見ると、悲しくなります(涙)

もっと、丁寧な仕事しょうよ!ってね・・・



で!流行り中のラスクですが、



特に贈り物として、利用されている、また贈り物として頂いたという意見が多いそうです。

私も、贈り物として頂きました。



私が頂いたのは、山形県蔵王のお店の品でした。



贈り物として最適な点は・・・



“日持ちがする”という事で、送られた方もすぐに食べなくても大丈夫、という点が良いですよね。



そして、最近のラスクはかなり変化してきています。

昔の駄菓子屋さんのラスクは想像なしです(笑)



南青山の麦工房が大人気!

利用される方の8割が贈り物として購入しているとの事。

メープルなど6種類の味があるそうです。



銀座の百貨店に、リングラスクなるもの発見!

バームクーヘンで作ったラスクで、周りはカリッと、中は少しシットリと。



シュー生地で作ったラスク、これは美味しいです♪

先年、軽井沢に行った時に友人お勧めの「ちゃたまや」のシューラスクを食べたんですが、これがまた♪

シュー生地のラスクは美味しかったです♪



他にも、マカロンのラスクもありますね~

マカロンの端や、大きなの不揃いな部分をラスクにしているそうですよ。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

月刊現代画報 安心できる食生活を

先日ニュースを見ていると、あるスーパーで販売されている食品に縫い針が混入されていた
と放送されていました。このニュースが放送された際には、警察が調べているとのことでした。
誰かが故意に入れたのか、誤まって入ったのかはその時点では分かりませんでした。

ここ最近、店で販売されている食品に異物が混入していたり、偽装されていたりなどのニュースが
多いように思います。中には、知らずして食した場合、体に害があるものもあるでしょう。
数年前には、あるメーカーのチョコレートに虫が入っていたとの報道も流れたことがあります。
そして、新聞には頻繁にお詫びの欄があり、回収するなどのコメントが載っています。


人間は生きていくために、食べ物を食べなくてはならないものです。そのために、スーパーなどに足
を運び食品を購入します。ほとんどの人は、メーカーを信用して購入しているのではないでしょうか。
ですが、安心して購入することができる世の中なのか・・・と思うのです。
以前、雑誌「現代画報」でも食生活に関する記事が載っていたのですが・・・。

かなり前になりますが、ある百貨店で私の母が惣菜を購入しました。その百貨店を信用しているのと
味が美味しいという理由からなのですが、いざ夕飯の時に食べようとすると害虫が入っていたのです。
家族全員驚きました。すぐに、百貨店側に電話を入れたところ家までお詫びに来ました。

「惣菜を作っている会社側の不注意で入ったものと思われる」とのことでした。
その時に思ったのは、惣菜を作っている会社だけの責任ではなく、しっかりチェックしなかった
百貨店側にも原因があるのでは・・・と思ったのです。

大手スーパーには、賞味期限切れの商品が販売されていることがありました。特に値引きもされてお
らずです。食品は、直接人が口にするものです。場合によっては体調を崩すことだってあるのです。
食品を扱う側として、責任を持っていただきたいと思います。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。