スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌 報道通信社 現代画報 たこフェリー

兵庫県明石市と淡路島を結ぶ第3セクター「たこフェリー」が運航を休止してから
5月16日で半年を迎えました。
当初は今春に再開予定だったそうですが、船舶購入のめども立っていない状況が
続いているということなのです。
多くの人に愛され、利用されてきたのが「たこフェリー」だとテレビを通じて
知りました。運航を休止するニュースが放送されたとき、インタビューでは
とても惜しまれる声ばかりが聞こえてきたのです。
ある商店街の理事長は再開を要望する署名活動を展開したとも新聞に書かれて
いました。今後、どのような状況になるのでしょうか。
多くの人の声が通じるでしょうか。気になります。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

国際ジャーナル 報道ニッポン 文房具が被災地へ

「お気に入りの鉛筆や消しゴム、ノートを被災地の子供たちに使ってほしい」と、
小中学生の思いがぎっしり詰まった学用品が大阪府豊中市の学校から、宮城県、
福島県の学校に届けられたそうです。
市内の約50小中学校が協力して、各地から寄せられたのはアニメキャラクターの
書かれたノートや香りつきの消しゴムなどダンボール138箱分だということです。
やはり子供たちが欲しいものは、子供たちが一番よく知っているのですね。
「震災」に関する記事が以前、雑誌「現代画報」にも載っていたように思いますが、
自分の身にいつ降りかかるかわからない震災。大変な思いをしている地域に協力
するのは当然かもしれませんが、それを利用した悪質な犯罪が起きていることは
許せない話です。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社

国際通信社 国際ジャーナルとは 福島第1原発2.3号機に立ち入りのは・・・

3号機の原子炉建屋内に作業員2人が入りました。

放射線量測定すると、毎時160~170ミリシーベルトを記録。



昨日は2号機原子炉建屋に社員4人が入りましたが、放射線量測定すると

毎時50ミリシーベルト。



2号機は社員ですが、3号機は作業員が入るのですか?

放射線量の数値はまったく違いますけど・・・



2日間共、東京電力の社員が入ればいいのでは?

もしかすると東京電力は、2号機内より3号機の状態が悪いのをわかって

いたのかもしれませんね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 原発の内部被曝検査は作業員の1割だけ

東京電力福島第一原子力発電所で、放射性物質の内部被曝の

検査を受けた作業員は、全体の1割だそうです。



周囲の放射線が高い福島第一原発の検査装置が使えないので、

作業員の間では被曝線量の上限を超えても、知らずに働き続ける

ことになりかねないとの不安もあるそうです。



政府が作業員の被曝線量について、東電に定期的に報告させるなど

の監視強化を打ち出しましたが、すでに2カ月は過ぎています。

その間にも、何百人もの方が原発の作業にあたっているはず。

対応が遅すぎです。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

節電対策 国際通信社 自衛隊派遣手当引き上げだそう

東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故をうけ、災害派遣活動に

携わる自衛隊員の「災害派遣等手当」と「死体処理手当」ですが、それぞれ

2倍に引き上げます。



原発事故の災害派遣等手当、“活動区域と原発からの距離に応じてさらに上乗せ”、

“原発敷地内の活動は約13倍の1日4万2000円”。



他にも、自衛隊の本来の任務ではないという、遺体の搬送や埋葬も支給対象。

震災が発生した3月11日にさかのぼっり適用するそうです。

 




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナルのビジネスパーソン パイロット、卒業のメドが立たず。

東北関東大震災の影響は、いろいろなところで出ているようですよ~!なんでも、パイロットを養成する航空大学校の仙台分校が、東日本大震災で被災してしまったため、訓練生約50人の卒業のメドが立っていないのだとか。せっかくパイロットになろうと頑張っていたのに、気の毒ですよね。生きているだけで良かったと思うべきなのか。。。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

月刊国際ジャーナルの取材で 児玉清さんがしばらくお休み

新聞に載っていた記事なのですが、体調不良で長寿クイズ番組「パネルクイズ
アタック25」の収録を休んでいた児玉清さんの番組への復帰が当面先送りと
なったのだそうです。
番組を制作するテレビ局の話では、5月12日に収録が予定されていたそうですが、
児玉さんの事務所から「しばらく休みたい」と連絡があったそうなのです。
以前からテレビや新聞などで体調が悪いということでお休みされているということ
は知っていました。まだ体調がすぐれないのかもしれませんね。
ゆっくり療養して、また元気に復帰していただきたいと思います。
「アタック25」の番組には児玉清さんなくては始まらないと思っています。
多くの人がそう思っているのではないでしょうか。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊国際ジャーナルの取材で 神田うのさんがママに

新聞記事に載っていたのですが、神田うのさんが妊娠5か月なんだそうです。
ご自身のブログにも喜びのコメントが掲載されていました。
とても素敵なニュースだと思いました。
神田うのさんのイメージは、とてもおしゃれでスタイルが良くて、女性の先頭に
立つような仕事をされているのでは・・・と思っています。
テレビの情報番組によると、10月に出産予定だということです。
それまでは、ご自身の体を大切に、またお腹の赤ちゃんのことを先に考えて仕事
をされてもいいかもしれませんね。
どんなお母さんになるのでしょうか。お母さんになっても、お母さんの立場の女性
の先頭に立つような仕事をされるのかもしれませんね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル

報道ニッポンの取材 福島原発の人災指摘、原子力専門委員

自民党の衛藤晟一氏への答弁に対し、参院予算委員会に参考人として出席していた、

原子力委員会の青山繁晴専門委員が、東京電力福島第1原発事故は、津波の直撃を

受けた時点では、原子炉建屋はまだしっかりとしていた。

しかし、その後の判断ミスや対応の遅れによって水素爆発が起き、結果、放射性物質

が漏えいしたとみている。

全てではないが、多くのものが人災だとの見解を示しました。



原発事故当初から囁かれていたのが、原発事故は震災ではなく人災。



それがはっきりした、ということになります。

政府、そして東電の責任はものすごく重くみるべきです。






国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊誌現代画報から 谷垣総裁、自民も原発事故責任ありと発言

自民党の谷垣禎一総裁、福島第1原発事故に関して、自民党政権下で

日本のエネルギー政策に原子力を位置付け、推進してきたことは、

自分たち自民党にも原発事故の責任を負っていると述べ、原発立地を

進めた自民党にも責任があることを認めました。 



自民党政権時代に原発が建てられたのは、それは誰もがわかっている

ことです。

今の民主党は、福島原発事故の対応のまずさが指摘されている。



谷垣禎一総裁、では、認めると口だけではなく、いったいどのような

行動してくれるのでしょうか・・・期待します。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 ボランティア休暇制度

新聞に載っていたのですが、東日本大震災をきっかけに国や地方自治体、民間企業の
間で「ボランティア休暇制度」の拡充や新設が相次いでいるのだそうです。
大型連休後は、大学の授業再開などで被災地の人手不足が懸念されています。
これはテレビでも報じられていました。関係者は長期的な支援継続に向けて、制度の
活用に期待を寄せているそうです。
「震災」に関する記事が、以前に国際通信社から発行されている雑誌に載っていまし
たが今回の震災、決して他人事ではないと思います。
いつ自分の身にふりかかるか分かりません。だからこそ今、日本全体が団結して
助け合うということが大切なのかもしれません。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報社

報道通信社の報道ニッポン 震災の避難者、生計めど立たず

東日本大震災の発生から2カ月がたとうとしていますが、

震災1カ月時に避難者100人にアンケートをし現状を聞いたところ、

88人の解答が得られました。



4分の1以上の方は、生計のめどが全く立っていない。

48パーセントの方は、自宅の再建・修繕が難しい。

53%の方は、避難所を出た後の落ち着き先、生活の場が決まっていない。

45%の方は、自身や生計を支えていた家族の休業・失業が続いているため、

生活再建の道のりの険しい。



一刻も早くに、これらの問題が少しでも解決できるよう、政府は働きかけをして欲し
いです。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン

ザヒューマンにて 留学の人気が表す日本の力

これからの外国の若者が、もし海外の大学へ留学しようと考えたときには、一体
どの国を目指すのでしょうか。いま現在で一番人気ある国はアメリカではないか
と思います。次がイギリス、そして3番目がオーストラリアといった英語圏であ
るそうです。このトレンドは、中国などのアジア諸国でもそうみたいです。今の
時代において日本の大学に留学するという海外の若者は急速に少なくなっている
と聞いています。これはなぜでしょうか。日本の大学には魅力がないのでしょう
か。日本では将来のキャリアにつながるスキルの取得ができないという事なのか
もしれません。確かに、日本語はメジャーな言語ではありませんから、自国に
戻っても、あまり魅力がないのかもしれません。日本の経済も以前に比べると力
が落ちているからなのでしょうか。かつては日本の大学も人気があったと聞いた
ことがあります。アジア諸国が、日本に学べということを合言葉にして、さかん
に留学にきていた時代もありましたから、時代は変わったものです。これからの
日本が魅力的な国として最発展していくためには、むしろ日本の若者が海外にで
ていって、勉強をしていくるのが大事なことではないかと思います。その辺に期
待したいところです。







国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社の国際ジャーナルとは 寂しい窓看板

最近あちこちのサイトやら雑誌やらに、「空きテナントの多さに不況を実感している」という記事を見かけるような気がします。それも記者が書くようなコラムというより、有識者の重い感じの文章の中にチラチラ現れます。いわゆる業界人に特に多いかも。あまり都会に出ない生活をしている主婦にとっては、駅前の一等地のビルに空きができて(まあ それは某ハンバーガーチェーンが長年開業していたビルだったわけですが)、それがなかなか埋まらないのを見て、「まだ借り手がつかないのか~ 確かに賃料は高いだろうけど、駅前に空きテナントがあるのはどうにも地価を下げるくらいイメージ悪いわ」なんてぼんやり思っていただけでしたが、六本木やら新宿やらに空きテナントが目立つとなると、話は違ってきますね。
先日、新横浜に行く用事があって、駅雨前界隈をしばらくぶらついたのですが、大げさではなく、空きテナントの多いこと!オフィス街は朝かお昼時でもない限り基本的に人通りが少ないので、空きテナントが多いと何だか不気味な感じがしますね。新横でこれなら、都内では尚のことでしょう。そのうち、国際ジャーナルあたりで、ビルの賃料についてとか空きテナントの有効活用法についての記事が載りそうです。景気上向いてきたと言われる一方で、空きテナントがどんどん増えてきているのはなぜなのか、とことん取材して欲しいですね。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報

国際通信社の国際ジャーナルとは 廃用牛という牛

焼肉チェーン店の集団食中毒事件が、毎日のようにテレビや新聞で報道されて
います。新聞記事に、客が食べた生肉のユッケに業界で生職向けではないと
される出産を繰り返した「廃用牛」が含まれていたということが、ある新聞社
の調べでわかったのだそうです。
この「廃用牛」というのは、出産を繰り返して子牛が産めなくなった雌の経産牛など
をいうそうです。肉質は悪く、ハンバーグなどの加工食品の原料などに使われること
が多いと新聞に書かれていました。
なぜ、そのような肉が生食として提供されたのでしょうか。実際、人の命が奪われて
いるのですから、食べ物を提供する側としてはきちんと責任ある対応をしていただき
たいと思います。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

ザ・ヒューマン 経営者 浜岡原発停止しても計画停電なし

浜岡原発全ての原子炉運転を停止しても、中部電力の管内では計画停電は行われない
と、

海江田経済産業相が見通しを示しました。



中部電力は2011年度の管内電力供給力を3,089万kWと計画、最大需要の見通しとして

2,709万kWを想定、差し引きで約380万kW余裕がでている。



また浜岡原発3つの原子炉運転停止により失われる供給力は、あわせて約350万kWです

ので、計画停電が必要となるような、大幅な供給不足には陥らないとみられていま
す。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
報道ニッポン

ザ・ヒューマン 経営者 世界初、保管献血で震災犠牲者身元確認

保管献血で身元確認というのは、世界初の試みとなります。



東日本大震災の犠牲者の身元確認をおこなうため、日本赤十字社から保管献血の提供


受けることを、警視庁が明らかにしました。



これは遺体の状態悪化に伴い、遺体と照合できるDNA型の採取が不可欠と判断した
為で、

日赤も不明者の家族の了解を前提に特例として認めたそうです。

不明者に献血事実があることや、不明者のDNA型が採取できるものが残っているこ
とが

必要ですが、遺留物がない場合は、家族のDNA型の提供を受けて、親子鑑定的手法


活用するとのこと。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

国際通信社より 日中韓首脳会談、福島で開会式

菅直人首相は、今月21、22日に東京で開かれる日中韓首脳会談の開会式を、

福島市内でおこなうという案を、中韓両政府に打診したそうです。



これは、東京電力福島第1原発事故による、風評被害を和らげる狙いを見越して

いるようですが、中国側としては、原発事故は収拾していないのに、温家宝首相に

そこまでのリスクは負わせられないと難色を示しています。



この打診に、どのような意味があると管首相が考えているのかわかりませんが、

まったくもって理解不能、打診する必要があったのでしょうか・・・




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

国際通信社より O157などの発生、9割が飲食店 

病原性大腸菌の中のO157やO111など、腸管出血性大腸菌による食中毒に関し
てですが、

2009年、2010年と2年連続で約9割が飲食店で起きていました。



専門家からは、飲食店の衛生基準の形骸化や、低価格競争が優先になり、安全性が軽
視される

風潮などが背景にあるのではないだろうかという声があがっています。



腸管出血性大腸菌による食中毒、1998年は16件発生し、このうち飲食店での食
事が原因

だったのが3件。

その後、徐々に飲食店での発生割合は増加傾向、2009年は26件中24件、20
10年は

27件中24件を占めているそう。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・報道ニッポン エネルギーの行方について書籍を読む

日本の原子力政策については、これからどのような方向性に進めばいいのでしょ
うか。いろいろと書籍なども読んでみましたが、難しい面もありそうで す。な
んといっても、原発のリスクと利益について、そのバランスを考える必要があり
そうです。これについては、国民として考えていくべきでしょ う。エネルギー
の資源が乏しいのが日本の現実ですから、新しいエネルギー源の開発と共に、電
力の消費を抑えていくということも、これからは必要で しょう。



ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン 新しいガイドラインが復旧に必要

東日本大震災を受けて、これからの対策が急務となっていますが、まずは原発の
安全対策がもっとも緊急の案件ではないかと思います。今回の地震で は、想定
外とよばれている津波によって、電源が水につかり、使えなくなったことが大き
な事故を引き起こした原因となっています。そのため、全国の 原発では、非常
用の電源に対する確認と、津波への対策が行われる必要があります。この点につ
いては、政府としても、新しいガイドラインを作るべき でしょう。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社

ザ・ヒューマン ギターの弾き語りコンサート

東日本大震災の被災者を支援しようと、イワン・プロホロフ駐大阪ロシア総領事が
4月26日に大阪市内で、日露両国語によるギターの弾き語りコンサートを開いた
そうです。収益は義援金として送るということです。
東日本大震災の発生後、様々な場所やイベントで義援金を募る活動が行われて
います。有名な芸能人の方たちも、多くの人に呼びかけて義援金や物資を募っている
ことをテレビでも紹介されていました。
ただ、集まっている義援金を盗む人や「自分を救ってほしかった」という理由から
義援金を騙し取るという許されない事をする人がいます。
被災地を救おうと、少しでも復興に役立ててほしいと願っての活動です。
人として許されないことを平気でするのは間違っていると思います。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン

ザ・ヒューマン 東京電力が電気料金を値上げ

新聞に載っていた記事なのですが、東京電力が6月分の標準家庭の電気料金を
5月分と比べて85円前後値上げするということを4月20日に明らかにした
そうです。これは、燃料費の変動を毎月の電気料金に反映される燃料費調整度に
よるものだそうです。原油や液化天然ガスの輸入価格が上昇していることが要因
だということです。
この値上げ幅は、現行の燃料費調整方法が導入された2009年5月以降では
最大となるということです。
光熱費というのは生活している上で必ず使うものです。国際通信社から発行され
ている雑誌にも「不景気」に関する記事が載っていたことがあると思うのですが、
「不景気」から日々の光熱費を節約するという人も増えています。
なのに値上げとなると、かなりの意見が出てくるのではないでしょうか。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
現代画報

報道通信社 中国の反体制派へのノーベル平和賞について

中国の反体制派へのノーベル平和賞について、昨年10月に獄中の民主活動家で
ある劉暁波氏へのノーベル授賞が決まったことに中国は猛反発していま した。
その後、国民への政治活動に対する締め付けを強めている状況であるかもしれま
せん。次の最高指導者とされる習近平国家副主席ですが、軍部な どの保守派が
支持基盤となっています。今後の中国の民主化はどのようになっていくのでしょ
うか。中国が民主的な国家を目指す動きは続くのでしょう か。



日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。