スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダーズアイ 経済誌 風疹患者、都内で増加

首都圏を中心に大流行しているのが風疹です。
風疹患者が都内では2月10日までの6週間で260人に上り、去年の同じ時期の
32倍となっているそうなのです。
このペースで流行が続くと妊婦に感染が広がり、赤ちゃんに障害が出る可能性が
高まるとして、妊娠を希望する女性や妊婦の夫などに予防接種を受けるよう、
呼びかけているそうです。
妊娠を考えていないという人であっても、予防接種を受けることはとても大切かも
しれませんね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。