スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生ニッポン

先日行われた静岡県知事選挙では、民主党が推薦する川勝平太氏が初当選しまし
た。民主党は名古屋、さいたま、千葉の各市長選挙に続いての勝利となりまし
た。これにより、麻生政権への求心力はいっそう低下する事が予想されます。マ
スコミの論調でも、解散を前提に、それがいつ行われるのかという点がポイント
になっている様です。もともと麻生政権は、自民党内でも弱小派閥であった麻生
氏を福田政権のつなぎとして担ぎ出した感があります。最初から解散、選挙前提
の政権といえるかもしれません。その後、リーマンショックに始まった世界的な
金融不況などによって、安定した政権の必要性はますます強くなっていると思い
ますが、日本の政治は混乱を続けてばかりいるように見えます。もともと、お互
いの主張をぶつけあうのが得意でない日本人にとって、経済的な発展を主眼とし
て政権を運営してきた自民党の手法は、日本の風土にとても合っていた気もしま
すが、現在の様な危機的状況になると、決断力のなさが大きな弱点としてクロー
ズアップされているのではないかと思います。先日読んだ報道ニッポンの7月号
にも、再生日本という記事がでていましたが、政治の変革なしでは日本の将来も
非常に厳しいものと思います。

報道ニッポン
報道通信社
国際ジャーナル
国際通信社

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。