スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報|マクロビオティックで健康を取り戻す

近年、欧米の政治家からハリウッドセレブまでがこぞって取り入れているダイエット方法として有名な「マクロビオティック」。マドンナやグウィネス・パルトローなど、日本でも人気のセレブレティーたちがハマっているマクロビオティック、「現代画報の2009年7月号にも、「昔ながらの食生活が日本人を救う!!マクロビオティックに寄せられる期待」として、特集が組まれている。日本でも食事の欧米化により、メタボリック・シンドロームや成人病などの病に若くして倒れる方も増え、食生活の見直しが今注目を集めているのだ。そもそもマクロビオティックは1950年代に米国ボストンにおいて、日本人の久司道夫氏によって誕生し、普及されたもので、日本とは根底から関わりのある食事法なのである。マクロビオティックの基本的考え方は、日本の伝統的な食事スタイルである玄米などの穀物や野菜、海藻などを中心とした食生活にすることで、自然と仲良く健康に暮らそうという考え方。ストイックなマクロビオティックを取り入れている方は、火を通した調理法のものは口に入れないなど徹底しているが、日本人の古き良き食生活をすれば、健康を取り戻すことは十分できるようだ。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。