スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|マニフェストについて

衆議院の選挙に向けて、政治関係のニュースも多くなっていますが、先日民主党
からマニフェストが発表されましたね。マニフェストは、以前三重県の知事選挙
で使われてから話題になり始めたようですが、選挙にあたり、当選後の公約を書
面にして選挙民に公開するというものです。これによって、当選後もマニフェス
トの実行状況がわかりますので、政治家としては、自分の公約により責任を持つ
事になります。一般的に、政治家の発言をマスコミが発表しますが、数ヶ月経つ
と忘れてしまう、とういうのがこれまでの日本政治だったと思います。単に政治
家だけではなく、投票する側も、自分の判断について責任を持つためには、この
マニフェストは良い方法ではないかと思います。投票者も、一時的な感情に左右
されにくくなるという事でしょうか。日本の選挙は、組織票を以下にして集める
のか、という点が、当選のポイントであったかもしれませんが、より政策の中身
を重視した選挙となるために、この様な方法を取り出したという点については、
評価できるのではないかと思います。日本の議会制民主主義も、より成熟した形
に進歩してきているのかもしれません。今後の動向に注目したいと思います。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。