スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社|インフルエンザに対するリスク管理について

新型インフルエンザは、夏を迎えてますます脅威を増しています。先日厚生労働
省が発表したところによると、通常のインフルエンザの流行するトレンドと比較
した場合、9月下旬にピークがくるのではないかというシナリオを発表していま
す。これは一体どのような状況になるという事なんでしょうか。仮に最悪の事態
となった場合、1日あたりの発症人数は76万人にも上る事が予想されていま
す。そうなると問題になるのは、病院における治療体制です。まず、ワクチンの
準備が不可欠です。これに対しては、9月のピークに対する準備数は若干不足し
ているみたいです。これはとても心配な事だと思います。また、病院の受け入れ
体制についても、パンク状態となる事が懸念されています。この様に、とても暗
い内容となっていますが、前もって最悪の状況を想定するという今回の発表は、
むしろ歓迎する事ではないでしょうか。これによって、国民の間にも、新型イン
フルエンザに対する危機感が高まるのではないかと思います。インフルエンザが
どのように流行していくかについては、人知を超えたところにありますので、人
間としては、常に最悪に備えた心構えが非常に重要ではないかと思っています。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。