スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社|小選挙区制度によって起こった政権交代

衆議院選挙は民主党の圧勝で終わりましたが、小選挙区制度による政権交代の特
色が強く出た選挙ではないかと思います。小選挙区制度は、一つの選挙区におい
て、一人の候補が当選する仕組みです。そのため、国民の支持を得ている政党に
とっては、議席を伸ばしやすく、単独で過半数を得る事が可能となりやすい制度
です。つまり、直近の民意の反映が選挙結果に表れやすい制度と言えます。日本
では長らく政権が交代していませんでしたが、今回はまさに小選挙区制度のメ
リットによって政権交代が実現したと言えるのではないでしょうか。一方、小選
挙区制度のデメリットは何でしょうか。これは、当選者以外への投票について
は、すべて死票になってしまうという事です。二番手、三番手の民意が反映され
ず、極端な政治になる危険性があります。そのため、日本の衆議院選挙では、比
例代表制との並立制を導入しているのですね。比例代表制は、政党の得票率に
よって、政党の議席数を決める制度です。今回、民主党が圧勝した背景には、国
民による政権交代の意識が強かった事があると思いますが、仮に民主党政権によ
る内閣の運営に不満がたまった場合、また逆の結果になる事も予想されます。こ
れが小選挙区制度の特長であると言えます。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。