スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 親心も高じると・・・

ニューヨーク・ケネディ空港の管制官が、
管制塔に息子を招き入れ、旅客機のパイロットに
離陸許可の交信をさせていたことが判明。
その後管制官はパイロットに詳細を説明し、
子供が休みだから、連れてきた、と言っていたとか。

職場が特殊で、子供に見せてあげたい気持ちは、
良くわかるけれど、特殊さゆえに、目をつぶれないところでしょう。
人命にかかわることですから、
遊びの延長ではすまされないでしょう。

管制官本人は、全く罪の意識もなく、単なる家族サービスだったのでしょう、
翌日には、娘も連れてきていたとか。

安全をつかさどる管制塔から、子供のアナウンスが流れたら、
ちょっとぞっとする感じです。

そういえば、数年前に日本でも、電車の車掌室に子供を乗せていた、という事が
ありましたよね。
乗客からは、ガラス張りで丸見えだったから、
すぐに通報があったようでした。
装置の説明やら動かし方やら教えてあげていたようで、
子供にとっては、大興奮の状況でしょうね。

社会見学は情操教育的にも、大切なことですが、
実車時はだめですよね。
交通機関もサービス業。仕事中は安全を第一に考えて欲しいし、
安全、快適を期待して代金を払っている客の立場からは、
クレームがでても致し方ないことじゃないかと思います。

大変なお仕事、頑張って欲しいものです。




国際ジャーナルの取材で・・
報道通信社|報道ニッポン 取材します 国際通信社グループ 国際ジャーナル 東京 取材しました 大阪 Y 現代画報 グラビア 株式会社報道通信社(国際通信社グループ)の出版広告営業 | 転職 ... 国際ジャーナル 日光の力: 国際ジャーナルの取材・・ 現代画報 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 掲載料 取材 評判の雑誌って? 国際ジャーナル文芸批評 200908 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 発行部数は約3万部 商法 報道通信社 取材 タレントがインタビュアーになり取材します 名古屋 報道通信社 取材 刑法 民法 国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています G 報道ニッポン 取材です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。