スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに撤退

中国側の検閲をめぐり、検閲中止を申し入れていたインターネット検索の世界最
大規模の検索サイト、米国のGoogle。

検閲に関して、一歩も引かない構えの中国側に対して、中国の出方によってはサ
ービス停止を表明していたGoogle側。
ついに3月22日、中国版検索サービス「Google.cn」での自主的な検閲を停止し
たと発表しました。

自主的な検閲の停止、というのはつまり、今後、中国語でGoogleにアクセスする
と、Google.cnへの訪問者は無検閲の香港版のGoogle、「Google.com.hk」に誘導
される、いう形になり、簡体字中国語版にリダイレクトされます。

こういう形で、事実上中国版Googleの自主検閲は撤廃されたことになりました。

2010年3月号の現代画報の記事「世界を取り巻くインターネット上の壁”?!」にも
米グーグルについての記事がありました。

この中国でのGoogleの騒ぎ、米の事実上の中国本土からの撤退で、一応の終結を
見た…。というわけにはならないような気がしますね。

中国人のインタビューなどもニュースで報道されていましたが、中国政府の検閲
を支持する声もありました。その国に住んでいれば、そういう考えの人も当然、
あるんだなぁとつくづく感じはしましたが。

間違えれば外交問題にも発展しそうな今回の騒ぎ、この先、どうなっていくのか

味深いですね。



国際・報道通信社のつぶやき
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか? 現代画報を求めて:現代画報!! 現代画報社|緑内障: 国際ジャーナルへの思い 国際ジャーナルとうい媒体: 国際通信社 中国を支えた安い労働力 ... 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナル 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの求人 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際通信社の国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルの掲載企業 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。