スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 大関昇進


「エトスニアの怪人」と呼ばれている男性が大関になったというニュースがテレビでも

大きく取り上げられていました。その男性の名前は、3月31日の午前に相撲協会の理事会
で大関昇進が正式に決まった、尾上部屋の把瑠都です。

25歳の新大関は、大阪府内で行われた伝達式の記者会見で、「明るく、ファンの皆さんに
喜んでもらえる大関になりたい」と決意を述べました。

伝達式開場には100人を超えるファンや後援者が祝福に詰め掛けました。使者から昇進を
伝えられると、把瑠都は1メートル98もの長身をかがめて両手をつき、「謹んでお受けい
たします。」と応じました。この様子は、テレビでも放送されていました。

普段はあどけない笑顔が魅力の新大関なのですが、式の間はさすがにこわばった表情を

見せました。無事に終えて「緊張しないと思っていたが、頭が真っ白になりました」と、

ここでようやく笑顔を見せました。

部屋創設から3年半で大関を出した師匠の尾上親方は「こんなに早く大関を出せるとは思
わなかった」と喜びを隠せない様子でした。

テレビや新聞では、大相撲が低迷していると耳にしたことがあります。私が思っているのは、
今の大相撲は外国人力士の活躍が目立っているように見えるのです。日本の国技である相撲。
一時期は「ブーム」などと言われて、常に「満員御礼」だったという記憶があります。

日本人力士も数多くいるかと思います。ぜひ頑張っていただき、大相撲を盛り上げていって

ほしいと思いました。




報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナル文芸批評 掲載企業された国際ジャーナルは幅広い 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルの掲載企業 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際通信社と掲載企業 新しい財務大臣による為替政策とは?: 見聞国際通信社 国際通信社の国際ジャーナル 大手グリーン歯科
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。