スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 自覚がなくても眼科検診が必要

先日の新聞記事に、中高年になると目の機能が低下して、様々な病気にかかりやすくなる
ということが紹介されていました。

自覚のないままに進行して、失明する病気もあるそうです。眼科へ行き、定期的な検査で
病気の予防や早期発見を努めるとともに、目が疲れにくい室内環境を整えるのが好ましい
そうです。

目の中でカメラのレンズの役割をする「水晶体」は、年齢とともに硬くなり、近くのものに
ぴんとをあわせにくくなるそうです。これがいわゆる「老眼」で、40代から始まるといわれ
ています。

日本眼科医会によると、緑内障など視覚に何らかの障害がある人というのは、国内に推計146
万人いるといわれていて、60歳以上が72パーセントを占めているといわれています。
視覚障害の原因として最も多いのは「緑内障」です。眼圧が高くなるなどで視神経が圧迫され
少しずつ視野が欠けていくものです。患者は40歳以上の20人に1人の割合と言われています。
また、患者が増えているのは「加齢黄斑変性」という病気で、網膜の中の「黄斑」と呼ばれる
部分の老化現象によって、視野の中心がゆがんだり、黒く欠けたりして見えづらくなるものだ
そうです。欧米では、失明の原因として最も多いそうです。

雑誌「報道ニッポン」に「健康」をテーマにした記事が紹介されているかと思うのですが、体
だけではありません。目も非常に大事だと思います。病気が原因で視野が狭くなってしまったり、
物が見えづらくなってしまうというのは、つらいことだと思うのです。「自分はまだ大丈夫」
と思っている人でも、1度眼科へ足を運んでみるというのもいいかもしれません。


じゃーなるの国際ブログ
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 国際ジャーナルの掲載企業 スマイルホームに取材がきました!!-新築一戸建て・工務店(大阪)なら ... 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナル: 国際ジャーナル 福岡で 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 住宅設備.com 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。