スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 女子高生たちの勇士

埼玉県警の痴漢犯罪防止キャンペーンが4月15日から始まりました。
そこで、さいたま市のJR大宮駅で、市内の女子高生らが痴漢撲滅を訴える「出発式」が
行われたのです。

出席したのは、大宮・浦和区周辺の高校11校の女子生徒約80人や、県警の女性警察官30人
でした。

地域部長が「高校生の約半数が痴漢の被害に遭っている。悪質な犯罪の撲滅を期待している」
と挨拶をしました。そして、高校3年の女子高生は「安心して通勤、通学できる社会をつくる
ため、勇気を出して痴漢と戦います」と宣言したのです。式後に「なくそう痴漢」などと書か
れたタスキを掛けた生徒たちが、駅構内で痴漢の撃退法などが書かれたチラシ約4000部を配布
しました。

4月21日までのキャンペーン期間中、JRの2つの駅などでも女子生徒たちが活動するのだそうで
す。私服警察官延べ約100人が通勤・通学ラッシュの車内で警戒にあたるということです。
県警地域課によると、鉄道利用者が増える春からは、女性が薄着になる夏にかけて被害が増え
る傾向にあるそうです。
あまりにも悪質だと思うのですが、ホームで自分の好みの女性を見つけて同じ電車に乗り込む
という計画的な犯行も目立つのだそうです。

非常に勇気のある行動をとった今回の女子高生たち。なかなか減ることのない今回の犯罪。
女性が弱い姿を見せてしまっては、そこで負けてしまいます。私も同じ女性という立場である
ので、ぜひとも撲滅キャンペーンを応援したいと思っています。


評判の取材先に行く国際ジャーナル
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 現代画報 現代画報との戦い : 現代画報 愛は脳から? wiki 国際ジャーナルの求人 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報のグラビア雑誌 株式会社セントラルボード 住み心地&使い心地のよい家 | home
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。