スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 必ず、またスタートしたい

マラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」を一時中断して、前立腺がんの放射線
治療に専念するタレントの間寛平さんが4月20日、日本時間では21日に、治療を受ける米サン
フランシスコに到着し、会見を行いました。
6月末まで約2ヶ月間の治療を受ける予定なのだそうです。病状は決して軽くはないということ
なのですが、「1日も早く日本に着けるように、必ずまたスタートしたい」と力強く復活を
約束しました。

寛平さんは、今、テレビや新聞でも大きく取り上げられているアイスランドの火山噴火の影響で
当初の予定よりも4日遅れてサンフランシスコ入りしたそうです。治療を受けるがんセンター
で初診を受けた後、日焼けした顔で会見場に登場して「今回のことはアースマラソンをスタート
することには全く考えていなかった。自分の中でもびっくりしています」と新たな戦いに表情
を引き締めていました。

会見に同席した日本人担当医は「腫瘍の程度を5段階とすると4と高い」と現状を報告しました。
その上で、日本に比べて米国は前立腺がんの症例も相当多いことから「技術的に進んでいると
自負している。サンフランシスとに来られたのはよい選択」とはっきり話していました。
「きちんと治療すれば完治する」とも話し、「大丈夫です。帰れます」と寛平さんを元気づけ
ました。

このニュースを以前にテレビで耳にしたときには、非常に驚きました。日本では多くの人が
寛平さんのマラソン姿を見て勇気づけられたり、応援している人もいることでしょう。
日本へのゴールは予定より少し遅くなるかもしれませんが、元気になって帰ってきてもらい
たいですね。


報道通信社の報道ニッポンの編集者のサイト
現代画報の取材で・・ 国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 報道ニッポン|夏休みの生活 - 報道ニッポンとの出会い ... 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルの掲載企業 wiki 家事代行のアシスト掃除・家政婦など名古屋、東京、横浜、埼玉、千葉の掃除/家事代行 国際ジャーナルからの誘惑 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。