スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 鳩山内閣

鳩山内閣がブレまくってます。二転三転する普天間問題、前々からおかしいと思ってましたが、最近酷い。いったい何がこの国を代表する意見なのかサッパリです。みんなで喋り過ぎですよね?
開かれた内閣を目指すのはいいけど、あっちでもこっちでも大臣がメディアに向かって言いたいこと言い過ぎじゃないですか。個々人が腹で思うのは勝手だけど、記者に聞かれたからって、はい 私はこう思ってますって言っちゃってイイの?一党員としてのスタンスよりも、個人見解が多過ぎますよ。内閣がブレてるって批判されても仕方ないですよね。何でこんな基本ルールというか、縛りが緩いのか?野党である自民党が批判している声よりも、連立与党内での混乱した状況の方がどうしても目立ってしまってます。確かに麻生内閣でも麻生おろしが煩かったけど、今の鳩山内閣の場合は緩んでるという方がしっくりくる感じです。鳩山さんという人がそういう締め付けをしない主義なのか、それとも党のカラーなのかよく分からん。
まあ 連立維持のために国民新党と社民党に気を使ってるというのはあるでしょうねえ。こういうところで気を使う前に、政策協議をもっとした方がいい。微妙なズレを今のうちに直しておかないと、後で痛い目に遭うでしょう。悲しいことに痛い目に遭うのは政治家じゃなくて国民だけど。。





ponyo.cute.bz
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年11月号のご案内 | 現代画報社 wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。