スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 蒼穹の昴に…

NHKハイビジョンのドラマ「蒼穹の昴」をいつも興味深く書く観ています。

浅田次郎の原作になるこのドラマは、清朝期の宮廷を舞台に、西太后や光緒帝と
いった実在の人物を中心に、義和団の変などを描きます。

一般に列女、悪女と言われている西太后。皇帝の光緒帝が即位しても、長らく垂
簾聴政を行って政治の実権を皇帝に渡しませんでした。しかし改革派などの抵抗
もあり、ようやく実権を皇帝に譲ることを決めます。

最新話では、今まで西太后に首根っこを押さえられてばかりだった光緒帝が、今
までのうっぷんを晴らすかのように次々と改革を打ち出します。

詔を次から次へと発表する朝令暮改ぶり。実権を手に握ったとたん、舞い上がっ
て気持ちだけが先走っている皇帝に、何となく今の民主党を想像してしまいまし
た。

いざ蓋を開けてみると、マニフェストは実現が難しそうなおいしい約束ばかりが
盛り込まれているように思われているようです。

2010年2月号の現代画報に、普天間飛行場の記事がありましたが、結局沖縄県外移
設はかなわず、沖縄県内の辺野古への移設が決まりました。

迷走に迷走を重ねた挙句、結局また支持率を低下させてしまうような結果を、こ
のドラマの最新放送回を見て重ね合わせてしまいました。



国際ジャーナルで評論
fashiondc.xrea.jp 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。