スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 日本を救う新しい産業とは何か?

日本は最近中国に追い上げられていますが、世界第二位の経済大国としての実力
は、世界的にも評価されているのではないかと思います。戦後の日本は驚異的な
発展を遂げました。これはアメリカ人などから見ても驚きだったのではないかと
思います。国際ジャーナルでも、日本の経済的な発展の歴史観を分析してもらい
たいところです。ところが、最近の日本はどうでしょうか?社会的な問題が蔓延
しており、閉塞感のある社会ではないかと思います。世界からみた日本の今の姿
は「自分を失った日本」なのかもしれません。そのような意見もよく目にしま
す。例えばトヨタのリコール問題もその一つかもしれませんね。これは歴史を振
り返れば、今までもあったことかもしれません。ですから、これからの日本にお
いても、新しいチャンスがやってくる可能性もあります。もともと製造業で世界
的に発展してきた日本ですから、製造業が弱くなると不安になるのかもしれませ
んが、いまこそ新しい産業を育てていくのがとても重要ではないかと思います。
そのためには何が必要なのでしょうか。これについては、国際ジャーナルでも、
充分に検討した上で、新しい展望を見せてもらいたいところではないかと感じて
います。





現代画報 | 現代画報社 | セルフメディケーションを考える
国際通信社を読む、続・取材 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。