スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社の現代画報の特集 交通事故死者数が減

新聞に、政府が6月11日の閣議で2010年版「交通安全白書」を決定したということが
載っていました。

それによると、昨年の人口10万人当たりの交通事故死者は平均3.9人だったということ
ですが、年代別では65~74歳が6.1人、75歳以上で11.6人と大幅に平均を上回ったそう
です。

昨年の交通事故死者数は4914人で9年連続の減少だということです。10年前と比べてみ
ると45.4パーセントの大幅減となっていますが、75歳以上が6.6パーセント減など、
高齢者事故は小幅な減少にとどまっているようです。

死亡事故の場合、65歳以上の高齢者が過失の重い「第1当事者」になることが他の年代
よりも多く、警察庁などでは高齢者向けの交通安全教育の充実を進めているということ
です。

以前からテレビや新聞でも高齢者による運転に関する話題が大きく取り上げられている
ように思います。高速道路の逆走、またアクセルとブレーキを踏み間違えるなどの驚く
ようなことが事故につながっているようです。私も車を運転している高齢者を見かける
ことが多いのですが、周りを見ずに後進したり、右折左折をしたりと非常に危険な運転
を見ることが多々あります。見ているこちらがヒヤヒヤするほどです。高齢者だけに
忠告するのではなく、運転歴の長い人にも注意を払った運転を心がけていただきたいで
すね。事故で命が奪われるというのは、非常に辛いことですから・・・。


現代画報の取材で・・
現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社 国際通信社の発行する国際ジャーナルでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。