スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社の現代画報の特集記事 ワールドカップグッズの売れ行き

テレビや新聞では、参院選の話題でもちきりだと思うのですが、もうひとつ話題
になっているのがワールドカップです。
先日は、試合が夜中にテレビ放送されていたために寝不足だったという人も多い
でしょう。その試合、デンマーク戦です。日本が勝利し、特番も放送されたほど
の注目ぶりでした。勝利したことで、決勝トーナメント進出を決めたからです。

この人気で、ワールドカップ杯商戦も一気に盛り上がっているそうです。
ワールドカップ杯公式ショップを全国102店で開設している西友。6月25日は「Japan」
のプリントの入ったボールやTシャツ、そして日の丸を持った公式マスコット「ザクミ」
などの売れ行きが大きく伸びたようです。
公式ショップの売り上げは初戦のカメルーン戦の勝利を受けて、ワールドカップ杯開幕
2週目に前の週の8倍に急増したそうで「決勝トーナメント進出でこの勢いがさらに増し
そう」と関係者の嬉しい声があるようです。

やはり、記念すべきワールドカップでの日本の勝利。グッズを購入し、今後も応援したい
人が多いはずです。普段「サッカーには興味がない」という人も、非常に頑張っている
選手の姿を見て「応援したい」と思う人も出てきているのではないでしょうか。
私も、日本の今後の活躍を期待したいと思っています。


経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
lua.weblog.am 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。