スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社の現代画報の特集記事 相撲大会に力士が来ない

今、テレビや新聞で大きく話題となっているのが大相撲の野球賭博。
この問題を受けて、出羽海部屋の力士を招いた相撲大会をそれぞれ
開いている滋賀県の2つの小学校は、7月3日に予定している今年の
大会に力士を招待しないことを決めたのだそうです。

出羽海部屋の力士が関与を認めたとされているためだそうで、両
小学校とも「子供たちへの影響を考慮した」としています。

招待しないことを決めたある小学校では、相撲大会を1976年から
開催しているそうです。1981年から出羽海部屋の力士が子供たち
と相撲を取ったり、模範相撲を披露したりしているとのことです。
今年も3人を招く予定だったということで、校長は非常に残念だ
という話をしていました。

今回の問題は、相撲協会だけではなく、多くの人に影響を与え
ているようですね。おそらく、子供たちも「本物の相撲が見れる」
と楽しみにしていたことでしょう。残念な表情を浮かべる子供の
顔を思うと、胸が痛みます。
しかし大会自体は行われるそうで、校長からは子供たちに「大会
はしっかりやろう」と呼びかけたそうです。


keiba.bulog.jp
国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道通信社 現代画報は人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。