スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 二輪車の価格を引き下げ

ホンダは7月3日に、国内で販売する二輪車の約45種すべての価格を
2000年当時の販売価格まで引き下げる方針を明らかにしました。
これは、新聞に載っていた記事を目にしたものです。

価格の引き下げは若者などの「二輪車離れ」に歯止めがかからないため
だそうです。全面改良や一部改良にあわせて、今後3年間で順次値下げを
するということです。値下げ幅は、1~3割程度に達する見通しです。

値下げ幅は、定番モデルの「スーパーカブ50」の最も安いモデルで約
4万円、中型スクーターの売れ筋車種「フォルツァ」の最廉価モデルでは
約12万円となる見込みだといいます。

値下げに向けて、人件費など製造コストが安いアジアで生産した二輪車の
国内への投入モデルを増やすほか、低価格の海外部品の使用比率を高める
ということです。さらに、新車の開発にかける時間を現在の約2年から
1~1年半程度に短縮することで開発費を削減するということです。

「値下げ」ということを聞くと喜ぶ人が多いと思うのですが、値下げをする
ことでメーカーなどは、人員削減や材料費の削減など非常に厳しい状況に
なるということだと思います。厳しい状況は、続くのですね。


ペットジャーナル
国際ジャーナルで評論 現代画報社の発行する現代画報では、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。