スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 sold

時間があったので、ふらっと某有名ショップのセールを覗いてみた。
平日でも、結構な賑わい。

久々のセール、掘り出しものを探して店内をぐるぐる・・・
かなり時間かけてみたのに、ああ、そうだ、思い出しました。
これまでも何回か覗いたけど、このショップって何かありそうなのに、ないんでした
・・・好みのものが・・

普通ならこれであっさり(ちとしょぼしょぼと)帰るのに、セール、だから欲が出た
んですね~

4階までレディスフロア。
全フロアまわりました。うーん、気に入ると、縫製が悪すぎっ!とか、
うーん、この値段では買いたくないなーとか、かなり面倒臭い消費者となり、なかな
か買えず・・・

時間だけがたっていくと、このまま帰るのも何だか悪いような、しゃくなような気分
に・・・

そんなとき、ありましたよ、一枚のブラウス。
うん、値段もまあまあ、これならいいかなーと、思ったところへ、他の色も出てき
た。
お、なかなかシック。
やっとあったー!と心で叫び(?)早速レジへ。
和やかに店員さんと話をしたりして、あー買えて良かった、なんて。

でもでも、帰ってきてよーく考えたら、値段が違う!
え、色によって、値段違ったのか?
払うときに気付きなよ、自分!

結局、時間かけてとほほな気分を味わった日でした。

rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。