スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談取材 ゆうパックの遅配騒動は何だったのか?



このところ、日本郵便における郵便物の遅配問題がク ローズアップされていま
すね。これは今後どのようになっていくのでしょうか。早急な改善を望みたいと
ころです。ことの発端はなんだったので しょうか。国際ジャーナルでも、この
問題については分析を行ってもらいたいところですね。日本郵便ですが、日本通
運との共同出資会社で手がけ ていた「ペリカン便」を吸収しました。しかしな
がら、この合併におけるシステム統合がうまく動かなかったのでしょうか。両社
の荷物を仕分ける 機械の仕様が異なっていたため社員の操作ミスが発生したそ
うです。結果として。予定どおり配達されなかった荷物が約34万個に達すると
いう大 事件になってしまいました。この事件について、各社のニュースを読ん
でみましたが、どうも、システム統合に対する考え方のあまさが根底にあっ た
のではないかという気がします。本来ならば、荷物の物流が少なくなる時期を
狙って統合するべきなのに、一番の繁忙期で統合したところも、計 画に対する
甘さが感じられます。物流の最大手としての責任もあるでしょうから、再発防止
を目指して、これからの改善取組みにチャレンジしても らいたいところですね。




国際ジャーナルで理解できる
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。