スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社の現代画報の特集 グローバル企業に必要な人材とは



世界的な経済の状況によって、日本企業も否応なしに グローバル化していく必
要性が高まってきました。例えば日産自動車、ソニーなどがトップダウンをス
ピーディに実行する体制作りを進めていま す。日産は社長直轄の人事諮問委員
会を設たそうです。これはどんな体制になるのでしょうか、ちょっと気になると
ころです。報道によると数百あ る幹部ポストの後継プランをつくり、絶えず進
ちょく状況をみているそうです。また、これからは外国人の起用も増えそうで
す。国籍や性別より も、世界的に活躍できる人物であるかどうかという事が、
これからは大事になってくるのかもしれません。日本企業でありながら、日本中
心ではな く世界市場に照準を合わせ直す企業も増えてきているかもしれませ
ん。このような日本企業の国際化については、国際ジャーナルでも詳細に情報を
出して欲しいところです。日本の本社にいるだけでは世界の動きはわかりません
から、大企業の幹部にとっては、グローバルに活躍できる人材が もっと必要に
なってくるのでしょうか。企業の人事と組織のあり方を見直し、これからの成長
の土台づくりを進めるために、日本企業の新しい取組 みはこれからも進められ
ていくのではないかと思います。





国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。