スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルの特集 国際強盗団「ピンクパンサー」防犯カメラにいた!

東京銀座の貴金属店で、2億円相当のティアラなどが奪われた事件は、

国際強盗団「ピンクパンサー」の構成員、

ハジアフメトビチ・リファト容疑者がスペインから移送され、

厳重な監視下もの警視庁に移送されましたね。



ハジアフメトビチ・リファト容疑者は、、「黙秘によって自己を弁護したい」と述
べ、

容疑を否認しているそうですが、現場の貴金属店付近の防犯カメラに、事件の1週間
ほど前、

ハジアフメトビチ・リファト容疑者ととみられる、男性たちの姿が写っていたことが
わかりました。



1週間前防犯カメラに写っていたからと犯行には結び付きませんが、

ティアラは約30秒間で奪われていることから、周辺を下見したり、

店の外からショーケースの位置などを、確認していたとみて調べているそうです。



ピンクパンサーと呼ばれる由来は、英国や米国のコメディー映画シリーズ「ピンク・
パンサー」の

ワンシーンのような犯罪を過去におこなったことからのようですが、

武装するなどして、脱獄や仲間の奪還を繰り返していますし、容疑者が拘置施設外に
出る移送では、

軍用ヘリの使用やスナイパーと呼ばれる狙撃手の配置も一般的、そんな凶暴さも当然
ながら持っています。



国際強盗団「ピンクパンサー」というと、カッコよく思われてしまいますが、れっき
とした犯罪ですよね。

犯罪集団にはもっと恐ろしい名前がいいのではないでしょうか・・・


国際ジャーナル 2008年12月号『特集!結婚に活動が必要な時代』国際通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。