スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーの売上高

新聞に載っていた記事なのですが、日本チェーンストア協会が8月23日に
7月の全国スーパー売上高を発表したそうです。
既存店ベースで前年と同じ月に比べて1.2パーセント減少して、20か月
連続で前年を下回ったという結果が出たそうです。
販売総額は約1兆503億円という数字が出ていました。

今年の夏は「例年にない猛暑」とテレビや新聞でも言われています。
多くの人が「冷たいものを飲みたい、食べたい」と思ったのでしょうか、飲料や
アイスクリームなどは売れたと言うことなのですが、根強い節約志向や7月前半
の西日本を中心とした豪雨の影響で全体としては減少という結果になってしまっ
ているようです。業種によっては「猛暑効果で売り上げ増」というところもある
かと思うのですが、スーパーに関しては「猛暑効果」とはいかなかったようです。

そして部門別でも載っていました。人間にとって必要な食料品が0.5パーセント
減。猛暑により飲料に加えてそうめんやウナギは売れたということですが、刺身な
どの水産物や畜産物の売れ行きが悪かったそうなのです。
衣料品に関しては汗を吸収する機能性肌着や水着は売り上げを伸ばしたということ
ですが、子供服が不振で全体では0.8パーセント減だったということです。
日用雑貨品など住関連品も2.7パーセント減だったそうです。

日本チェーンストア協会は「節約志向が続いており、本格的な消費回復の実感はない」
と話しています。雑誌「現代画報」でも載っていたのですが、やはりまだまだ「不景気」
が続くため、多くの人が「節約」の生活を送っているのですね。私もそうですが・・・


現代画報
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。