スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアで回復する製造業の業績

国際ジャーナルの特集は『企業経営の原点を近江商人に見る』です。
最近は景気回復のきっかけがでている様なニュースもありますが、アジアでも製
造業大手の業績が回復しるるあるみたいです。4月からの3ヶ月において、自動
車、電機の製造業では、特に中国における業績が回復傾向であるといえる様で
す。一方、欧米や日本では以前、厳しい業績が続いているとの事です。やはり、
中国においては、経済が上昇しているというのは、金融危機の影響を除いても、
中期的なトレンドになっているようです。そのため、個人における消費需要はま
だまだ強いのではないかと思います。日本など、ある程度成熟した国では、大型
の耐久消費材の需要については、それほど大きな伸びが起こることは期待できま
せん。インフラについても、ある程度の整備は完了していますから、これからの
世界経済については、中国を始めとした、アジアの経済発展を進めている国々の
需要が鍵を握っているのではないかと思います。それにしても、世界的な不況と
言われる中で、少しでも明るいニュースがある事はいいことだと思います。今後
も予断を許さない状況は続くと思いますが、これからの世界経済の回復について
は、前向きな気持ちを持って、その改善を期待していきたいと、考えています。






国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。