スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル コストダウンも限界?

おしゃれは足元からと言いますが、秋になって一番に気になるファッションアイテムは、やっぱりブーツです。そしてブーツにも価格破壊の波は来てますよ~。大手靴専門店チヨダの「ムートンタイプブーツ」、990円ですよ。1000円を切るブーツは結構ありますが、安いなりの品質になってしまうのは仕方ないと思われていたんじゃないでしょうか。でも、このムートンブーツは通常4000円程度の商品になる素材と靴底製法を990円にまでコストダウンした商品だそうですよ。ファストファッション恐るべし。こんな激安を実現するアパレルメーカーの戦略については、現代画報9月号の「激安ビジネスのからくりを探る ──時代の変化を読み取り不況に打ち勝て!──」に詳しいと
思います。ホント、不況のおかげ(?)で、服の価格が下がりましたよね。今、円高と日中関係の雲行きが怪しいことになって一番気をもんでいるのはアパレル業界かもしれません。徹底したコストダウンのためには、海外工場での生産が欠かせませんからね。時代の変化を読み取って、どこまで生き残れるのか。先日もサラリーマンの平均年収が発表されて、消費者の財布の紐が固結びになっている理由が明らかになる中で、消費を上向かせる糸口はどこにあるのか。。正直、ウチの財布の紐は固結びどころか、紐無しですからね(要するに
入れるだけの札は無い!)。ブーツは来秋だな。



国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。