スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル いつの間にか消えていた

最近住み替えを考え中です。マンションの価値がまだあるうちに戸建に住み替えたいというダンナの一言から端を発した、我が家の住宅問題。何よりも優先したいのは子供の学校と環境ですよ。図らずも、今住んでいる地域は進学に熱心な親が多くて、小学校のレベルも結構高いのです。レベルの上下はまあ仕方ないとしても、教育の環境はあんまり下げたくない。密接な関係とは重々承知しつつも、やっぱりねえ。ガラが悪くなるのは困る。こんなことを言っちゃうあたり、もう既にお勉強ママたちに毒されてるなあと自覚してます。。開き直って、出来るだけ今の環境に近い地域を探そうと、とりあえず近隣区を見ていたら・・なんと、自分が卒業した小学校がいつの間にか消えていました。。そう、少子化で小学校が合併していたのです!びっくり!第3小学校まであったのに・・3つの小学校を合わせたってことになります。卒業した小学校の前には大きな団地が建っていたはずですが、要するに中身が高齢化してしまったんでしょうね。なんだか寂しいを通り越して、この感情はよく分からない。。高齢化社会の一つの縮図として考えてもいいのかもしれませんね。国際通信社の各雑誌・・任盥睥隹充匆颪砲弔い討竜Ⅶ・鬚茲・・・韻泙后・泙襪婆ね茲里海函・梢融・△隼廚辰討い燭海箸・△い茲い荼充駄・鯊咾咾討④燭箸いΔ海箸任靴腓Α6欧い福・・・・・・
国際通信社
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。