スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 最近、芸能人の事故が多いですね。。

芸能人の方が運転する車の事故の報道が目立ちませんか?



大きな事故には繋がっていないようですが、現王人の方のおこす事故は

大きく報道されますし、テレビ番組の収録にも支障が出ているみたいですね。



芸能リポーターの梨元勝さんのコメントとしては、

「以前は付き人という人がついていて、車での送迎が当然だった“スター”

というよう存在がいなくなり、実力のあまりない普通のタレントという

名の人物が芸能界に多くなっていることの表れ」



このコメントの背景には、芸能人の多さにマネージャーの数が、

圧倒的に足りていないことが・・・

何人もの芸能人に対し、付き人は一人。

当然、つきっきりで対応はできませんので、芸能人の方は単独で行動。

また、テレビ局も制作費削減の関係で、送迎用の車を手配できないケースが増えていて、


撮影が深夜になってしまうと、始発電車を待って帰宅する芸能人の方もいるようです。


芸能人に方の側からだと、男女交際菜などプライバシーに関して知られたくない部分を、


車を利用することで解決している、という部分もあるみたいですね。



普通、一般の人ならば知られないような事故でも、

マスコミのに取り上げられてしまうのが芸能界。

交通安全の顔になることもある、芸能人の皆さんなので、

くれぐれも事故に関しては、注意をして欲しいと思いますね!

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。