スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル キャビアが獲れなくなっちゃう?!

キャビア好きの方は、クリスマスから年末年始にかけて、パーティーやお家でキャビアとシャンパンをなんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなキャビア、もしかしたらお値段がかなり高くなってしまうかもしれないというニュースが入ってきましたね。ヨーグルトでも有名なカスピ海沿岸では、キャビアの生産量がなんと約9割だそうですが、そのキャビアの親であるチョウザメが密猟に寄る乱獲で、絶滅の危機にひんしてしまっているのだそうで、なんとカスピ海の沿岸5カ国が10月18日に、アゼルバイジャンのバクーで開かれていた首脳会議で、チョウザメ類の捕獲を5年間禁止することで本合意しちゃったそうです。ということは、今後5年間はキャビアを獲ってはいけないということですよね。うーむ、チョウザメを養殖してキャビアを生産しているところも多いようですが、5年間捕獲禁止令でキャビアの値段がどうやら高騰するのが間違いないようです。ちなみにチョウザメ捕獲禁止をする国は、アゼルバイジャン、ロシア、カザフスタン、トルクメニスタン、イランだそう。これから3か月以内に禁漁の準備をするのだそう、現在最高級の品種のキャビアは1キロあたり60万円以上で取引されているのだそうですが、どのくらい高くなっちゃうんでしょうねえ。

現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。