スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 月刊 日本代表ストライキ?

サッカー好きな方には、ちょっと心配なニュースです。なんでも、12月17日に、日本プロサッカー選手会(JPFA)が、日本サッカー協会に要求している日本代表への待遇改善が受け入れられない場合、ストライキを検討していることが明らかになったのだそう。この件に関しては、既に双方で弁護士をたてて主に肖像権料、勝利給などの待遇について話し合いが進められているそうですが、それでも改善が認められなければなんと、「国際Aマッチ・ボイコット」となる可能性が出てきているそう。なんかそれって、国際的に恥ずかしくないですか?に発展する可能性が出てきた。サッカー選手って、いっぱいお金をもらっているイメージがありましたが、海外で活躍する日本人選手も含むプロ選手会(JPFA)が、日本代表選手の待遇の低さを問題視しているのだそう。どんな待遇なんだ?と思われた方。なんでも関係者の話では、今現在、日本代表の親善試合での勝利給は20万円にも満たないのだそう。うーん、これはかなり少なめですな。ちなみに20万円以下というのは、J1の各クラブの勝利給の半分以下ということだそう。日本代表の選手は、ハードスケジュールの中で招集に応じ、重圧とも戦いながら試合を行っているのに、その報酬としてはあまりにも低すぎるのでは、というのが今回の原因。しかも国際Aマッチで負傷してしまった選手への保証も「十分とは言えない」のだそうで、選手や派遣した各クラブが泣き寝入りしているのが実状なのだそう。肖像権料も今は、90%がJ各クラブへ分配されているそうですが、選手への分配は認められていないのだって。改善してあげてください!

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。