スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル デイサービスで見たもの

雑誌「現代画報」で「高齢者」をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

最近、毎日見かけるのが「デイサービス」の車です。ワゴンタイプの車だったり、軽自動車だったり
なのですが、毎日見かける「デイサービス」の車内は満員状態なのです。そして、私の家の近所でも
デイサービスを利用されている方がいるようです。顔を見たことがある程度なのですが、毎日利用
されている様子を見かけます。
車を運転している女性は、運転中はとても厳しい顔をしているのです。ところが車を降りて、利用
される方の前に行くと素敵な笑顔で接しているのです。「今日もいい天気ですね」「朝ご飯は
ちゃんと食べましたか?」とゆっくりした口調で話しかけているのです。利用されている高齢者は
「今日はあまり食べれなかった」と残念そうに答えているのです。
デイサービスで仕事をされている方というのは、本当に大変なようです。

以前私は、機会があってあるデイサービスを手伝ったことがあります。たった1日だけでしたが、
働いている介護士の方の大変さが少しだけですが、理解できたような気がしました。
朝、車が到着して部屋に入るなり、まずは利用される方の体調を細かくチェックしていたのです。
体温を測って、聴診器でチェックし、問題がなければ入浴の時間でした。
入浴が終ってからは、歌を歌ったり、折り紙を使ったりと利用されている方は楽しそうに過ごして
いたのを今でも覚えています。
利用されている方が帰った後も仕事が終わりではありません。翌日、何をして過ごすかのスケジュ
ールを組んだり、遊びに使うカードを作ったり、準備でバタバタされていました。

最後に介護士の方にお世話になったお礼を言った後「毎日大変なのでは」ということを聞きました。
すると「毎日、楽しい。利用してくれている方が元気な顔を見せてくれるだけで嬉しい。体調が悪く
来れない人がいるととても心配してしまう。自分の親のような感じかな」と笑顔で答えていました。
「仕事」なのですが、仕事を越えて利用されている高齢者の方との間に目には見えない何か素晴ら
しいものが生まれているのですね。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。