スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 東洋医学。

 フランス高級紅茶の北米代理店がカナダのバンクーバーに紅茶専門店を出した。
 バンクーバーは私がまだ10代の学生の頃、初めて行った海外で、バンクーバーといえど、アメリカの街のような洗練された感じはなく、どことなく田舎の雰囲気が素敵な街だった。その頃まだ紅茶に興味はなかったが、バンクーバーの市民も同様のようで、コーヒーショップばかりが街には並んでいた。そしてそのとき初めてスターバックスコーヒーに出会ったのだ。訳もわからずに頼んだカフェラテの美味しさをいまだに忘れられない。
 しかし最近は完全にコーヒー党のように思われるアメリカ市民も茶の効能に着目し、冬には体を温めるコーヒーより紅茶の方が良いといって、少しずつ流行り始めているそうだ。ここ数年日本でも大変健康志向が強くなってきている。コーヒーとタバコよりは体を温める茶の方が健康に良いと、需要が増えている。ハーブなどをブレンドするとなお良い。私も現在ハーブの勉強中だが、風邪に効く、咳が収まる、生理痛に利くなどなどの効果があるハーブがたくさんある。西洋医学的に病院へ行って、お薬をいただいて、飲んで治すというのももちろん必要なことだし、なければ困るのであるが、病に罹る前に未然に防ごうという漢方と同じような考え方で茶に注目が集まっているのだろう。
 コーヒーももちろん美味しい。私は大好きだ。それと同時に紅茶や日本茶をこよなく愛している。紅茶とハーブの液でうがいをして風邪を未然に防いでいる。寒いときにはしょうがのすりおろしを紅茶に入れて飲んでいる。お酒を少し垂らすのもなかなか良い。
 病気を未然に防ぐ努力、これはとても必要なことなのだと最近痛感しているアラサーの私である。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。