スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル レーシック手術

報道ニッポンの時々刻々に『“視力を守る”ためのレーシック手術』

という記事を見つけました。



レーシック手術



最近、私の周りの方でもレーシック手術をしたという話を聞き、

どの方も簡単な手術だったと答えます。

そして、自分の視力だけで見えるようになった事を大変喜んでいます。

数回の検査をしたのち、手術となるそうですね。

レーシック手術自体は、目の膜を一枚剥がすようなものみたい・・・



すごく気になっています。



もちろん、目が悪いから(笑)

でも、私は眼鏡だけの生活だし、毎年眼鏡を買い替える事もないから

早急にレーシック手術をしたいという気持ちはありません。

しかしコンタクトを使用していたら、すぐにレーシック手術していたと思います。



とはいえ、手術をおこなうのは、成人してからが良いと聞いています。



コンタクトの場合、基本的にコンタクトだけの生活ではなく、

眼鏡とコンタクトの併用をするケースが多いですよね。



コンタクト代は、馬鹿になりません。

これから先のコンタクトや眼鏡の代金を考えると、少しでも早くに

レーシック手術を受けた方が特に感じます。





とはいえ、レーシック手術は大事な目にメスを入れる手術。

信用・信頼のある病院でおこないたいですね。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。