スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 資源を有効活用する鉄スクラップの話

最近は国際ジャーナルなどの雑誌でも、環境という話題がでない時はないと言っ
ていいほど、現代の人類にとっては、資源の有効活用という事は大きなテーマと
なっています。日本人が使っている資源は、その多くは海外からの輸入に頼って
いますから、いかにしてその貴重な資源を有効に使っていくのかというテーマ
は、日本経済にとっても重要です。その中でも、鉄の使い方にはいろいろな仕組
みがあります。鉄を作る、または使う上で、スクラップがでます。この鉄スク
ラップには大きく分けて2種類があります。まず一つは市中スクラップというも
のです。これは、鉄を利用して製造業でモノを作るときに発生するスクラップで
す。その他には、古くなった自動車などの老廃スクラップというものがありま
す。もう一つの鉄スクラップには、自家発生スクラップという、製鉄メーカーか
ら発生するスクラップもあります。どちらも、重要な資源となって日本では流通
していますが、その存在はあまり知られていません。最近は、ごみを分別して出
すことが一般的になってきていますが、企業においても、不要なものが別のとこ
ろでは活用できるケースもありますので、今一度、企業としても、その点を見直
してみると良いかもしれません。







国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。