スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル・月刊誌 犯罪の低年齢化

刑法犯として摘発・歩道された少年のうち、中学生が占める割合がここ10年で
増加しているそうです。この割合は高校生を抜いて6年連続で最多となったこと
が埼玉県警少年課のまとめて分ったのだそうです。
犯罪の低年齢化が進んでいるようです。警察では「インターネットの発達で
違法情報に触れる機会が増えるなど、少年たちの規範意識が低下しているのでは
ないか」と懸念しています。
非常に残念な話だと思います。好奇心などが強いのかもしれませんが、犯罪を
犯すということは人を傷つける。そして自分も傷つくということが理解できないの
でしょうか。犯罪とは、大変なことなのだ・・・ということを理解してほしいと
思います。難しいことでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。