スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊・国際ジャーナル 高校の校歌

学校の先輩に、有名な歌手がいれば・・・と思ったことはありませんか?
そんな思いが、また夢が現実となった高校があるそうです。
山梨県立石和高と山梨園芸高が統合して、昨年の4月に誕生したのが笛吹市に
ある高校だそうなのですが、校歌を同市出身の「レミオロメン」のボーカルで
石和高出身の藤巻亮太さんが作詞、作曲してできあがったというのです。
そして、前項集会で在校生約300人が初練習をしたそうです。
とてもうらやましい話ですね。他にも有名な歌手が作詞、作曲した曲が残っている
学校があるかもしれません。その曲は、ずっといつまでも残るものですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。