スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン 医師不足、薬品不足

東日本大震災で、津波で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町には、
食料品などが少しずつ届き始めるようになったそうです。
これは、新聞記事に載っていました。
ですが、医師や薬品などのサポートがなかなか行き届かないそうです。
ある1人の開業医は、自身も被災しましたが、避難所で治療を続けている
そうです。「とにかく薬を」と話をしていました。
避難所生活で、体調を崩される人、被害に遭ったときに怪我をしたり
体調を悪くされた人、様々だと思います。
物資だけが必要なのではなく、医師や薬品も必要なのです。
そうすることで、多くの人がより安全に過ごすことができるのではないでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。