スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 多剤耐性菌

ここのところ、テレビや新聞で報道されているのが「多剤耐性菌」というもの
です。テレビや新聞などの情報によると、多くの抗生物質が効かないということです。
この「多剤耐性菌」の感染例が相次いでいる問題で、仙谷官房長官や長妻厚生労働相
など関係閣僚による会議を緊急開催したということなのです。

会議ではインドなどで感染が広がっていることを受けて、医療機関を所管する厚生労働省、
総務省、そして文部科学省に外務省などを加えた関係省庁が連携を強化することを決めた
といいます。

感染例の発覚後、厚生労働省は「多剤耐性菌」の広がりを把握するための全国的な調査に
乗り出す方針を決めているそうです。さらには、医療機関に多剤耐性アシネトバクターの
という感染例の報告を義務づけることにしているそうなのです。

そういえば昨年、新型インフルエンザが外国で流行し、あっという間に日本でも流行
したような記憶があります。国際通信社から発行されている雑誌にはこの新型インフル
エンザに関する記事が載っていたように記憶しています。
また、わけのわからない感染症が発生してしまいました。外国で・・・とはいえ、いつ
日本に上陸するかわかりません。仕事で海外へ行く人も多いはずです。旅行でも利用する
でしょう。そういったときに知らない間に感染してしまった・・・というケースが出て
しまっては困ります。私は子供を育てている親として、子供に感染してしまったら・・・
という恐怖があります。景気の対策も大切です。それと同時に国民の安全を守る対策も
必要だと思います。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。