スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社より O157などの発生、9割が飲食店 

病原性大腸菌の中のO157やO111など、腸管出血性大腸菌による食中毒に関し
てですが、

2009年、2010年と2年連続で約9割が飲食店で起きていました。



専門家からは、飲食店の衛生基準の形骸化や、低価格競争が優先になり、安全性が軽
視される

風潮などが背景にあるのではないだろうかという声があがっています。



腸管出血性大腸菌による食中毒、1998年は16件発生し、このうち飲食店での食
事が原因

だったのが3件。

その後、徐々に飲食店での発生割合は増加傾向、2009年は26件中24件、20
10年は

27件中24件を占めているそう。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。