スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザヒューマンにて 留学の人気が表す日本の力

これからの外国の若者が、もし海外の大学へ留学しようと考えたときには、一体
どの国を目指すのでしょうか。いま現在で一番人気ある国はアメリカではないか
と思います。次がイギリス、そして3番目がオーストラリアといった英語圏であ
るそうです。このトレンドは、中国などのアジア諸国でもそうみたいです。今の
時代において日本の大学に留学するという海外の若者は急速に少なくなっている
と聞いています。これはなぜでしょうか。日本の大学には魅力がないのでしょう
か。日本では将来のキャリアにつながるスキルの取得ができないという事なのか
もしれません。確かに、日本語はメジャーな言語ではありませんから、自国に
戻っても、あまり魅力がないのかもしれません。日本の経済も以前に比べると力
が落ちているからなのでしょうか。かつては日本の大学も人気があったと聞いた
ことがあります。アジア諸国が、日本に学べということを合言葉にして、さかん
に留学にきていた時代もありましたから、時代は変わったものです。これからの
日本が魅力的な国として最発展していくためには、むしろ日本の若者が海外にで
ていって、勉強をしていくるのが大事なことではないかと思います。その辺に期
待したいところです。







国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。