スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 ボランティア休暇制度

新聞に載っていたのですが、東日本大震災をきっかけに国や地方自治体、民間企業の
間で「ボランティア休暇制度」の拡充や新設が相次いでいるのだそうです。
大型連休後は、大学の授業再開などで被災地の人手不足が懸念されています。
これはテレビでも報じられていました。関係者は長期的な支援継続に向けて、制度の
活用に期待を寄せているそうです。
「震災」に関する記事が、以前に国際通信社から発行されている雑誌に載っていまし
たが今回の震災、決して他人事ではないと思います。
いつ自分の身にふりかかるか分かりません。だからこそ今、日本全体が団結して
助け合うということが大切なのかもしれません。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。