スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌現代画報から 谷垣総裁、自民も原発事故責任ありと発言

自民党の谷垣禎一総裁、福島第1原発事故に関して、自民党政権下で

日本のエネルギー政策に原子力を位置付け、推進してきたことは、

自分たち自民党にも原発事故の責任を負っていると述べ、原発立地を

進めた自民党にも責任があることを認めました。 



自民党政権時代に原発が建てられたのは、それは誰もがわかっている

ことです。

今の民主党は、福島原発事故の対応のまずさが指摘されている。



谷垣禎一総裁、では、認めると口だけではなく、いったいどのような

行動してくれるのでしょうか・・・期待します。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。