スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電対策 国際通信社 自衛隊派遣手当引き上げだそう

東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故をうけ、災害派遣活動に

携わる自衛隊員の「災害派遣等手当」と「死体処理手当」ですが、それぞれ

2倍に引き上げます。



原発事故の災害派遣等手当、“活動区域と原発からの距離に応じてさらに上乗せ”、

“原発敷地内の活動は約13倍の1日4万2000円”。



他にも、自衛隊の本来の任務ではないという、遺体の搬送や埋葬も支給対象。

震災が発生した3月11日にさかのぼっり適用するそうです。

 




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。