スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 原発の内部被曝検査は作業員の1割だけ

東京電力福島第一原子力発電所で、放射性物質の内部被曝の

検査を受けた作業員は、全体の1割だそうです。



周囲の放射線が高い福島第一原発の検査装置が使えないので、

作業員の間では被曝線量の上限を超えても、知らずに働き続ける

ことになりかねないとの不安もあるそうです。



政府が作業員の被曝線量について、東電に定期的に報告させるなど

の監視強化を打ち出しましたが、すでに2カ月は過ぎています。

その間にも、何百人もの方が原発の作業にあたっているはず。

対応が遅すぎです。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。