スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 国際ジャーナルとは 福島第1原発2.3号機に立ち入りのは・・・

3号機の原子炉建屋内に作業員2人が入りました。

放射線量測定すると、毎時160~170ミリシーベルトを記録。



昨日は2号機原子炉建屋に社員4人が入りましたが、放射線量測定すると

毎時50ミリシーベルト。



2号機は社員ですが、3号機は作業員が入るのですか?

放射線量の数値はまったく違いますけど・・・



2日間共、東京電力の社員が入ればいいのでは?

もしかすると東京電力は、2号機内より3号機の状態が悪いのをわかって

いたのかもしれませんね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。