スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 東電がHPに電気予報

東京電力ですが、管内の翌日電力使用見通しをホームページに掲載するそうです。

翌日の最大供給力や電力需要ピーク時を予報し、節電協力を求めるのでしょうか。

現在も、当日の供給力や使用状況、そして前日や前年の使用実績をグラフで表示して

いるそうですが、すいませんが一度も見たことはありませんし、たぶんこれからも、

東京電力のホームページなど見ないでしょう。

 

東京電力は極力電力を使わないようホームページ運営は辞めて、マスコミに電気予報


お知らせを委託した方がいいと思います。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。