スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社のネットのインタビュー スーパークールビズ

新聞に載っていた記事ですが、夏の電力不足対策の一環として、Tシャツジーンズ、
そしてスニーカー姿での勤務を認めるなど従来のクールビズより一層の軽装を促す
環境省の「スーパークールビズ」が6月1日に始まりました。
この日の朝9時。都心の気温は14.3度だったそうです。半袖には少し肌寒い
気温だと思いますが、環境省内でもノーネクタイの従来のクールビズ姿の職員が
多かったそうです。
今年の夏はどのような夏になるか分かりませんが、昨年と同様な「猛暑」続きの
夏であればたまりませんね。電力不足でも夏は熱中症対策、暑さ対策でエアコン
を利用する人が増えることでしょう。服装から涼しく過ごしていきたいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。